illustration 天野恭子

illustration 天野恭子

鈴木隆史 /生長の家 愛知教区青年会副委員長 仕事は電気関係で、毎日電柱に登っている。「電柱は、様々な形をしていて、個性を感じさせてくれる所に魅力を感じています」

鈴木隆史
/生長の家 愛知教区青年会副委員長
仕事は電気関係で、毎日電柱に登っている。「電柱は、様々な形をしていて、個性を感じさせてくれる所に魅力を感じています」

 今回のメイン料理は、ジャガイモとしいたけのチーズ焼きです。

 他には、きんぴらごぼう、ブロッコリー、キャベツの千切り、シラスとかにかまの卵焼きを作りました。

 ジャガイモとしいたけのチーズ焼きは、まず粉ふき芋を作って、しいたけの石づきと軸の部分を取り除きます。石づきと軸の部分は細かく切って、粉ふき芋と一緒にマヨネーズで和え、しいたけの傘の部分を裏返してその上に置き、とろけるチーズを上にのせて、オーブントースターで焼くと完成です。

 今回の卵焼きは、シラスとかにかまを入れてみました。

 毎回、卵焼きは入れていますが、同じ感じだと飽きたりしてしまうので、ひと工夫してみました。

 初めは、シラスだけを入れて作ってみましたが、思っていた感じと味が違っていて、かにかまを入れてみたら、すごくおいしくなりました。

 まだ、料理に慣れてない部分もあり、母にアドバイスをもらって、いろいろなものを作っています。なかなかうまくいかない時がたくさんあるので、これからも料理を作り続けて、自分の料理を美味しいと言ってもらえるように頑張ります。