hidokei107_jitensha_1

新田晃子 SNI自転車部員 京都府宇治市在住。ヒルクライムやサイクリングにはロードバイクを、街乗りにはミニベロ(小径車)をと乗り分けている。上り坂が好き。

新田晃子
SNI自転車部員
京都府宇治市在住。ヒルクライムやサイクリングにはロードバイクを、街乗りにはミニベロ(小径車)をと乗り分けている。上り坂が好き。

 写真は、2年前の夏にロードバイク(*2)を輪行して、地元の秋田に帰った時のものです。いつもは車で行く妹宅に、この日はロードバイクで登場してみました。どんな反応が返ってくるかドキドキしましたが、そんな心配をよそに、一番反応してくれたのは姪(当時小学4年生)でした。

 私がロードバイクに乗っている時は、恥ずかしそうに見ていただけの姪でしたが、私が帰るとすぐに、倉庫にしまいこんでいた自分の自転車を出してきて乗り始めたのだそうです。私の妹(姪の母親)からは、「○○(姪)が自転車楽しくて家の周りを何周もして止まらなくなってる(笑)。私もつられて久しぶりに乗ったら楽しくなっちゃって二人でサイクリングに来たよ」とメールが届きました。なんだかとっても嬉しくなりました。自分が楽しく乗っていると、その思いは自然に伝染していくのですね。

 私がなぜ自転車に乗り始めたかというと、化石燃料を使わない乗り物に乗ることで地球温暖化を阻止するためなのですが、その輪を広めていくために、自転車に乗ること自体が、実は「本当に楽しいんだ」ということを、今後も発信し続けていきたいなと改めて思いました。ちなみに、2年たった現在も、姪は楽しく乗っているそうです。

*1 SNI自転車部の「SNI」は、生長の家(Seicho-No-Ie)の略称
*2 舗装道路で高速走行を目的に設計された自転車