hidokei112_jitensha_1

西手一幹(にして かつき) SNI自転車部メンバー 生長の家 奈良教区青年会 副委員長 有機農家で、仕事の合間にロードバイクで家の近くの峠を走っている。休日には、長いヒルクライムコースを含むロングライドもこなす。

西手一幹(にして かつき)
SNI自転車部メンバー 生長の家 奈良教区青年会 副委員長
有機農家で、仕事の合間にロードバイクで家の近くの峠を走っている。休日には、長いヒルクライムコースを含むロングライドもこなす。

 小さい頃から自転車好きで、今は仕事の合間にロードバイクで家の近くの峠を走っています。そんな私ですが、22歳の夏に身体を壊してしまい、以降11年間は自転車に触ろうともしませんでした。

 再び乗るようになったきっかけは、一昨年(2017)に、生長の家国際本部で開催された天女山ヒルクライム(登坂競技)でした。当日は見学のみでしたが、出走者の姿を見ているうちに、「また自分もあんな風に走れるかな?」という気持ちが湧いてきました。その日の夜、SNI自転車部の方と話をしたことで、さらに背中を押されました。

 それからしばらくして、クロスバイクに乗って、少し坂道を含むコースで練習を始めました。昨年の夏には新たにロードバイクを購入し、さらに練習を積んで、秋に行われた天女山ヒルクライムでは、初出場ながら準優勝を果たすまでになりました。

 自転車に乗るようになってから体調が良くなったり、考え方がより前向きになったりと善いことづくめです。これからは、自転車に関するミニイベント(*2)にも、積極的に取り組みたいと考えています。

*1 SNI自転車部の「SNI」は、生長の家(Seicho-No-Ie)の略称
*2 「倫理的な生活」の意義を伝えるために、生長の家のプロジェクト型組織のメンバーが開催するイベント