阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

平成27年に制作した、像高10センチほどの「姫だるま」(筆者提供)

平成27年に制作した、像高10センチほどの「姫だるま」(筆者提供)

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局員。生長の家地方講師。

「“姫だるま”はな、小さいけどすごい働きするんやで」

 これは、今から30年前、一見すぐにできそうな10センチほどの姫だるまを、時間をかけ、丁寧に彫り参らせている師が言った言葉である。

 このお像の特徴としては、全体的に厚みを感じさせる丸みがあり、粗彫(あらぼ)り、形を整える小作(こづく)りの段階では、さほど難しさを感じさせない。が、仕上げの段階に入ってくると、ほとんど球に近い形なので、数ミリ単位で切り出していく合わせ襟の線などに注意を要する。

 彫刻刀がよほど研げていないとすべりやすく、手を切ってしまう恐れがあるため、それを避けるには、赤ちゃんが、おくるみに包まれているようなイメージで彫ることが大切と言われている。

 姫だるまとは、神功皇后(じんぐうこうごう)が懐妊しておられる時のお姿のことであり、応神天皇(おうじんてんのう)が無事に誕生するよう祈願するために造られたものであると伝えられている。また、姫だるまの「姫」には「秘(ひ)め」の意味もあり、祈願する者に相応しい答えを無数に「秘めている」ことを指し、充分に人々の祈りの対象となりうるお像なのである。

 一番特徴的なのは、着衣の着物の合わせだ。普通、女性の着物では、右側の襟を左襟の上に重ねて着るが、姫だるまの着物の襟は左襟が上になっている。つまり姫だるまの襟の部分が「鏡」の役目を果たし、姫だるまを通して祈る者の神性・仏性を拝みだしている姿でもあると言われている。

「小さいけど、すごい働きするんやで」というあの時の師の言葉を肝に銘じ、姫だるまに込められた多くの意味を一つひとつ思い返しながら、4年前の平成27年、やはり像高10センチほどの小さな姫だるまを、彫りやすいあすなろ木材を使って彫り参らせた。

 日本各地にある姫だるまのお像は、木地で仕上げたものは少なく、観音像の要素も強いため、彩色や装身具を着用した華やかなお像が多く見られるという、そんなもう一つの特徴も合わせ持っている。

inoti109_hotoke_2