阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

1986年に彫り参らせた大黒天。下の写真を見ると、左の肩に袋を担いでいるのが分かる (写真は筆者提供)

1986年に彫り参らせた大黒天。下の写真を見ると、左の肩に袋を担いでいるのが分かる(写真は筆者提供)

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

「大黒さんはな、インドでは竈(かまど)の神様として祀(まつ)られてるけど、大黒柱という言葉があるように、家族においては、父親を意味するんやで」

 これは、初めて彫る大黒天に四苦八苦している私の手元を見ながら、師が言った言葉である。

 大黒は、大穀とも言い、穀物即ち食物を意味し、調理する台所に祀られる由縁もここにある。しかし実は、師の言葉通り、お像全体に大黒柱の意味合いの方が、強く表現されているとも言われている。大黒柱とは、「柱」即ち「中心」を指し、家庭においては「父親」、社会においては「役職の長」を意味する。

 このような人は、責任ある立場ゆえ、キビキビとした顔の持ち主を思い浮かべるが、大黒天はニコニコと笑っている。なぜかというと、父親を例にあげるとよく分かると思う。

 働いている父親は、会社や家庭でいろいろな課題や困難があり、とても笑ってばかりいられないことが多い。しかし、そうしたことがありながらも、会社のため、家庭のためにニコニコと笑い、右手に持った打ち出の小槌を振って、ひたすら会社や家庭に尽くす。その象徴が大黒天というわけである。 

 ちなみに、打ち出の小槌からは、礼拝する者に相応しい量の小判(知恵)が振り出されるというが、ここで大事なのは、左肩で担いでいる袋である。大穀の意味からして、一生困ることのない穀物が入っていると言われる袋の結び目が、口元に近いところにあるのが分かるだろうか。

 矛盾を感じて悩んだり、葛藤を覚えたりした時は、袋の結び目を解き、口元に袋をあてて、一挙に吐きだしたらいいと言われる。これは、よからぬ思いは袋の中に入れ、決して表に出さないのが良いということであり、大黒天の袋には、そんな意味もあるのである。

 袋は、大き過ぎず小さ過ぎず、かつゴツゴツとしてもおらず、全体に丸みを帯びた、ほどほどの大きさが良いと言われているが、それに囚われてはならず、常に全体のバランスを見ながら彫り進めていかねばならないとされる。

 いろいろと教えられ、学ぶことが多い大黒天である。

inoti105_hotoke_2