愛用のロードバイクに乗り、富士山の5合目まで登った時の1枚(写真は筆者提供)

愛用のロードバイクに乗り、富士山の5合目まで登った時の1枚(写真は筆者提供)

岩島啓太(いわしま・けいた) 1979年、東京都生まれ。東京・日野市でロードバイクプロショップを経営する傍ら、日本、世界で開かれるロードバイクレースに参加。自転車専門誌に寄稿し、SNI(生長の家)自転車部との関わりも深い。

岩島啓太(いわしま・けいた)
1979年、東京都生まれ。東京・日野市でロードバイクプロショップを経営する傍ら、日本、世界で開かれるロードバイクレースに参加。自転車専門誌に寄稿し、SNI(生長の家)自転車部との関わりも深い。

 前月号では、長く乗れる自転車の選び方をお伝えしましたが、今月号からは、自転車に乗るのがさらに楽しくなる、目的別の自転車の選び方を紹介していきたいと思います。

 日本で主流の自転車は、軽快車いわゆるママチャリですが、スポーツ車として人気が出ている自転車として、ロードバイク、シクロクロスバイク、マウンテンバイク、モトクロス用のBMX、クロスバイクなどがあります。今回は、その中で今最も人気が高い、ロードバイクを取り上げます。

 ロードバイクとは、舗装された道を遠くまで、速く走ることを目的に作られた自転車です。細いタイヤに大きな車輪、軽量な車体、前傾姿勢を深くとれる形態、そのどれもが、人間の力を無駄なく推進力に換えるため、極限まで作り込まれています。優れた造形美を有していることから、「工芸品」と称されたりもします。

 ヨーロッパのレースで使用されているロードバイクと、日本で販売されているものは基本的に同じものなので、一見、本格的過ぎてハードルが高いと感じてしまうかもしれません。しかし、レースに限らず、さまざまな使い方ができます。

 長距離を走って、まだ見たことのない景色に出合ったり、山岳コースに挑んだり、ダイエットを目的に長時間走ったりするのはもちろん、床の間に飾って眺めるのも一興でしょう。また時には、日本各地で開かれているイベントに出場してみるのも楽しいと思います。

 自転車の本体にあたるフレームに使われている素材には、カーボン、アルミ、鉄、チタンなどがありますが、現在、主流なのはカーボンで、軽量性、加工性、強度ともにロードバイクに最適とされています。その他、アルミは軽量で安価、鉄は古くから使われ、伝統的な工芸品的価値があり、チタンは腐食に強く、半永久的に使えるという特長があります。自分の好みに合ったロードバイクを選んでみてください。

 ロードバイクを購入するまでも楽しいですが、購入後はもっと楽しくなりますよ。