NPO法人「えがおつなげて」は、山梨県北杜市須玉町の限界集落である増富(ますとみ)地域を拠点に、都市からの移住の仲介(ちゅうかい)、地域資源と企業のニーズを組み合わせた新商品の開発など、農村と都市を結ぶ多岐(たき)にわたる取り組みを行っている。また、こうした活動に携わる人材育成にも力を入れている。

刈り取った稲を担ぐ、代表理事の曽根原久司さん NPO法人「えがおつなげて」│山梨県北杜(ほくと)市 取材/原口真吾(本誌) 写真/「えがおつなげて」提供

刈り取った稲を担ぐ、代表理事の曽根原久司さん
NPO法人「えがおつなげて」│山梨県北杜(ほくと)市
取材/原口真吾(本誌) 写真/「えがおつなげて」提供

 山梨県は日照時間全国第1位、森林率全国第5位と、豊かな自然資源に恵まれているにもかかわらず、耕作放棄地が全国第2位と、大部分が活用されないままになっている。平成13年に設立された「えがおつなげて」は、そうした自然資源に着目し、耕作放棄地の開墾や里山の保全活動を展開するようになった。

 活動に携わるのは、主に田舎暮らしに興味のある都市部の住民で、同法人の仲介で北杜市に移住したという人も多い。

 現在、同法人が管理している6.5ヘクタールの農地は、すべて耕作放棄地から開墾したもの。春は田植え、夏は野菜の収穫、秋は間伐(かんばつ)など、一年を通してさまざまなイベントが開催されているが、中でも人気が高いのが、耕作放棄地の開墾で、機械を使わず、参加者が力を合わせ、すべて手作業で行う。耕作放棄地が、本来の美しい田園風景を取り戻していく姿を目にすると、言葉に表せない充実感を味わうことができるという。

 

上:放棄された耕作地を復活させるための開墾/下:開墾での一コマ。普段できない経験を共有することで、参加者の交流が深まる

上:放棄された耕作地を復活させるための開墾/下:開墾での一コマ。普段できない経験を共有することで、参加者の交流が深まる

 一方、平成16年からスタートした大手不動産会社のCSR(*)活動は、再発見された地域資源と企業のニーズを組み合わせ、新しい商品を開発するユニークな取り組みだ。例えば、共同で開発した日本酒は、社員やその家族が中心となり、田植えや稲刈りなどの体験作業を通して、復活した棚田で栽培した酒米(さかまい)を使用して作られた。

 信玄餅(しんげんもち)で知られる『金精軒(きんせいけん)』では、同法人の協力の下、平成24年から、商品の原料に山梨の在来種「青大豆」を使用するなど、地産地消、地域資源の再発見に貢献している。

 代表理事の曽根原久司(そねはらひさし)さんは、今後の展望を次のように語る。

「農村と都市を結ぶ、これまでの活動に一層力を入れていくのはもちろんですが、地域の資源を再発見し、プロデュースすることができる人材を、数多く輩出(はいしゅつ)していきたいと思っています。講義だけでなく、ワークショップやフィールドワークを通して、長年培(つちか)ってきた農村再生のノウハウを、余すところなく伝えたいですね」

*=企業の社会的責任
※曽根原久司さんは、本誌No.52(平成26年7月号)の特集「田舎の潜在能力」に登場しています。

問い合わせ先
http://www.npo-egao.net/ TEL:0551-35-4563