塚越 誠(つかこし まこと) 昭和36年、東京生まれ。昭和61年に山梨県北杜市に移住。有機農法による米作り、野菜作りを行う。生長の家国際本部の職員食堂に米を納めている。

塚越 誠(つかこし まこと)
昭和36年、東京生まれ。昭和61年に山梨県北杜市に移住。有機農法による米作り、野菜作りを行う。生長の家国際本部の職員食堂に米を納めている。

 今回は、環境浄化微生物資材として、幅広い用途に使え、とても便利な「えひめAI」と、その作り方を紹介します。

 これは、愛媛県産業技術研究所(松山市)の曽我部(そがべ)義明さんが、河川(かせん)や海の土着微生物を回復させるために開発したものです。

 材料は、ヨーグルト(乳酸菌)、納豆(納豆菌)、ドライイースト(酵母菌)、砂糖とすべて食品のため、安心安全であり、簡単に自作できる上、水質浄化だけでなく、田畑の作物にも有効であることから、日本はもとより、世界各地に広まっています。

「えひめAI」の中には、アミノ酸、ビタミン、酵素、微生物の死骸(しがい)などが混じっているため、畑に撒(ま)くと土着微生物が増え、土がフカフカとなり、肥沃(ひよく)になります。また、野菜の葉面に散布(さんぷ)すると病原菌を抑(おさ)える効果もあります。

 酵素の種類が豊富で、いろんな汚れを分解してくれるため、洗濯機、浴槽、窓、床を磨(みが)いたり、靴の中や枕の掃除、シミ落としなどにも使え、大変重宝します。

inoti93_organic_1

「えひめAI」は、製品としても販売されており、インターネットなどで入手できますが、割と簡単に作れるので、ぜひ、挑戦してみてください。次に、500ミリリットルペットボトルでの作り方を掲げます。

<材料>❶砂糖15グラム(どんな砂糖でも可)、❷パン用酵母5グラム(天然酵母でなくても可)、❸ヨーグルト25グラム(飲むヨーグルトでも可)、納豆1粒(ネバネバだけでも可)、35度~42度の湯、250ミリリットル。

<作り方>❶右の材料をペットボトルに入れてよく振り、混ぜて溶かす。❷混ぜ終わると、ガスが出るのでキャップはゆるめに閉めておく。❸夏場なら常温で、冬の時期には、42度のお湯を使いペットボトルホルダーなどで保温する。❹24時間後、なめてみてすっぱければ出来上がり。❺これに水を足して500ミリリットルにして、蓋(ふた)を閉めて保存します。(詳細はインターネットでご覧ください)