阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

1989年に制作した像高18センチの「釈迦牟尼如来座像」(筆者提供)

1989年に制作した像高18センチの「釈迦牟尼如来座像」(筆者提供)

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

「ええか、今まで習(な)ろてきたこと、全て出すつもりで彫ってみい」

 大学を卒業して、就職する前の年、師からそう言われて彫り参らせたのが、「釈迦牟尼如来座像(しゃかむににょらいざぞう)」である。

 師の言葉を聞いた時は、以前から憧れていた釈迦牟尼如来座像を彫る機会に恵まれ、嬉しかった。しかし、桂材(かつらざい)と言われる、かなり堅い材質の木で彫るよう指示が出たので面食らった。

 基礎の地紋彫りから始めて8年目、堅い木を使っても仏体の細かい部分が彫り出せるか、そのために、鑿(のみ)や彫刻刀等がちゃんと研げているか、その双方を見極めるための師からの指示だったことは、後日、理解することができた。

 この座像は正面から見ると、舟形光背が後方で真っ直ぐに立ち、胸を張った凜とした感じのお像となっている。が、これを横から見ると、頭部は拝む者と目を合わせるために、少々俯(うつむ)き気味になっており、胴体は後方へ、心持ち反りぎみになっている。仏頭の前への俯きの加減と、胴体の後方への反り加減のバランスを取りながら彫るのが案外難しい。

 通常の仏像は、大体、正面と後面に気をつければ良いのだが、釈迦牟尼如来座像の場合は、覚者(かくしゃ)としてのお姿もあるので、観世音菩薩のように多くの装飾をつけておられないのが特徴だ。お像の全体のバランスに絶えず気を配りながら彫り進めていかなくてはならない。

 また光背は、座像全体から醸し出す悟りの広がりを象徴するため、蓮の花と唐草透しを合わせた形をとっている。特に唐草透し彫りは、表面と裏面を彫り抜いて制作するので、かなり慎重に彫り進めないと割れを生ずる恐れがある。 

 1年余りの歳月をかけ、苦労して彫り上げたこの釈迦牟尼如来座像は、2016年10月、兵庫県教化部(*1)で開催された「第2回自然の恵みフェスタ(*2)」で展示させていただいた。その時、座禅を組むお像の両手のくぼみに入れられたお賽銭(さいせん)を見つけ、「思わず拝み、お賽銭をあげたくなるお像に仕上がっていたのか」と胸が熱くなるのを感じた。

*1=生長の家の布教・伝道の拠点
*2=自然の恵みに感謝し、低炭素なライフスタイルを展示、発表するイベント。生長の家国際本部の他、国内外の布教拠点で毎年開催されている

inoti108_hotoke_2