髙橋美月(たかはしみずき) 愛媛県出身、群馬県在住。平成24年5月5日に26歳で入籍。夫と4歳の娘の3人家族。娘も生長の家が大好きで、行事に連れて行くと皆から愛され、ありがたく感じている。平成29年から群馬教区青年会委員長。光明実践委員。

髙橋美月(たかはしみづき)
愛媛県出身、群馬県在住。平成24年5月5日に26歳で入籍。夫と4歳の娘の3人家族。娘も生長の家が大好きで、行事に連れて行くと皆から愛され、ありがたく感じている。平成29年から群馬教区青年会委員長。光明実践委員。

 平成18年に養心女子学園(*1)を卒業した後は、京都にある生長の家宇治別格本山(*2)に勤めました。彼は、盂蘭盆供養大祭や新年祭など、宇治で行われる大きな行事にも相変わらず来ていました。

 それまで彼とまともに話したことはありませんでしたが、共通の友人を交えて話をするようになりました。年齢が近い男性とは緊張してあまり話せない私でも、年の差が9歳ある彼とは、緊張せずに話すことができました。

 彼は、生長の家の教えを私より長く学んでいて、人生経験も豊富で、先生みたいに色々と教えてくれました。大勢の前ではふざけているように見えるけど、一対一で話した時はとても真面目で、そのギャップに驚き、次第に彼に対する嫌悪感が消えていきました。

 22、3歳になると、友人たちの結婚が次々と決まり、すごく焦り始めました。そんな頃、ラッキーなことに「幸福な結婚をするための練成会(*3)」が宇治で開催されるようになりました。

 仕事が終わった後や休みを取って興味のある講話を聴きに行き、その中で「魂の半身は必ずいて、あなたのことを呼んでいてくれている」という言葉が印象に残りました。だけど「愛を求めている自分を、果たして見つけてくれるだろうか」と疑問が湧き、生長の家の話をもっと聴きたいと思いました。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 地元の青年会(*4)のお役を受けて、毎月開かれる誌友会(*5)の運営に携わり、教化部(*6)の行事にも参加しました。宇治の職員で青年会活動もしていた先輩たちが、次々と結婚されたので、私もあやかりたかったのだと思います。

 鏡に向かって笑顔の練習をする、聖経(*7)を誦げて先祖供養をする、今日一日の嬉しかったことや感謝の言葉を『日時計日記』(生長の家白鳩会総裁・谷口純子監修、生長の家刊)に書くなど、講話で教わった幸せな結婚をするためのアドバイスを実行していきました。「理想の結婚相手像を書き出して祈るといい」ということも教えていただきました。

 今までは、「背が高くてカッコよくてスポーツマンの、父のような人と結婚する!」と思っていましたが、帰省するたびに父はシワと白髪が増え、おなかも出てきて……。そんな姿を見て、「若い頃はイケメンでも、いつかはおじさんになる」と実感し、高望みするのはやめて、身の丈に合った人と結婚しようと決めました。

 そして最後に残った理想像は、「生長の家に理解がある。家族みんなを大事にする。仕事を一生懸命する。浮気をしない。酒・タバコを飲まない。趣味が合う……」こんな感じになりました。これを紙に書き出して部屋の壁に貼り、毎日眺めていました。(つづく)

*1 生長の家の全寮制の専門学校。現在は休校
*2 京都府宇治市にある生長の家の施設。宝蔵神社や練成道場などがある
*3 合宿形式で教えを学び、実践するつどい
*4 12歳以上40歳未満の生長の家の青年男女の組織
*5 教えを学ぶつどい
*6 生長の家の布教・伝道の拠点
*7 生長の家のお経の総称