siro105_chubo_1「家庭菜園の野菜を使って、料理を楽しんでほしい」。そんな願いから、“森の中のオフィス”の食堂では、SNIオーガニック菜園部のフェイスブックで、野菜中心の料理のレシピを毎月3品、紹介している。9月は、みょうがの甘酢やっこ、ピーマンのナムル、なすとかぼちゃのみそ炒め。すべて実際に食堂で提供されたメニューの中から、おすすめのものばかりだ。

 

食堂のレシピ


練りごまの風味と、なめらかな口あたり
かぶのクリーミースープ

 

siro105_chubo_2

●材料(4人分)
かぶ……2個半(200g)
かぶの葉……少々
生姜……少々
豆乳……120cc
白みそ……大さじ2
洋風だしの素……小さじ1と1/2強(4.4g)
練りごま……小さじ1
塩……少々
片栗粉……小さじ2
スープストック(ベジブロス)……480cc

※ベジブロスとは、ヘタや芯、皮などの野菜くずを煮出して作るだし汁のこと

●作り方
① かぶの皮をむいて角切りにし、かぶの葉は細かく刻む。生姜をすりおろす。
② 鍋にスープストックを沸かし、角切りのかぶを入れて柔らかく煮る。
③ 粗熱をとった②と、白みそ、練りごま、豆乳、洋風だしの素を合わせ、ミキサーにかける。
④ ③を鍋に入れ加熱し、塩とすりおろした生姜を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
⑤ ④を器に注ぎ、茹でたかぶの葉をのせる。

Point
かぶの甘みと練りごまの風味が、よい相性のスープです。ミキサーにかけることで、口あたりがなめらかに仕上がります。かぶの皮は、漬け物にしたり、スープストックの材料として、利用してもよいですね。