siro113_chubo_1“森の中のオフィス”では、森の木や草花の受粉を助けたり、生態を観察するために、敷地内に日本ミツバチの巣箱を数個設置し、その活動を見守っている。今年3月、巣箱の一つを開けると、恐らく寒さのために逃げ出たミツバチが大量のハチミツを残してくれていた。食堂にはそのうちの2キロが納められ、昼食の際にヨーグルトやプチパンケーキと共に提供し、ミツバチからのプレゼントを有り難くいただいた。

食堂のレシピ


夏の食卓に彩りを添える
トマトと春雨炒め


siro113_chubo_2

●材料(4人分)
トマト(湯むきをして一口大に切る)……1個(200g)
春雨(食べやすい長さに切る)……20g
生姜(すりおろす)……2.8g

調味料
しょうゆ……小さじ1と1/2
酒……小さじ3弱
水……小さじ3弱
黒コショウ……少々
ごま油……小さじ3弱
洋風出汁のもと
……小さじ1/2弱(2g)

●作り方
①トマトは湯むきをして、一口大に切る。春雨は食べやすい長さに切って茹でる。生姜はすりおろす。
②フライパンにごま油を入れて中火で熱し、春雨を入れて、しょうゆ、酒、水を加えて、ほぐしながら煮る。
③②のフライパンにトマトを入れて煮て、仕上げに生姜を加えてサッと合わせる。
④器に盛り、黒コショウをふる。お好みでバジルを添える。

Point
春雨とトマトは、火を入れすぎると形が崩れてしまうので、火の加え過ぎに注意します。火を止めても味がしみ込みますので、全体的に短時間で仕上げましょう。