八ヶ岳名水会による物販

八ヶ岳名水会による物販

食堂では、地元の社会福祉法人八ヶ岳名水会が手作りする豆腐や野菜、加工品を仕入れている。豆腐は地元産の有機大豆から作られ、野菜や加工品は無農薬・有機栽培のもの。また“森の中のオフィス”では、同法人による物販も毎週行われている。地産地消・旬産旬消を進める中で、「自然との調和」という生長の家のコンセプトと同じような取り組みをしている地元の人や団体とのつながりが深まっている。

食堂のレシピ
爽やかな酸味と甘み
玉ねぎとかぶのマリネサラダ


siro111_chubo_2

材料(4人分)
玉ねぎ(スライス)……1個(200g)
かぶ(半分に切って薄切り)……中1個(100g)
スナップエンドウ(茹でて斜め半分)……40g
塩……1.2g

(A)
菜種油……大さじ1と2/3
こしょう……少々
砂糖……小さじ3
米酢……大さじ1と2/3

●作り方
① 玉ねぎは薄くスライス、かぶは薄切りにする。スナップエンドウはスジを取ってから、茹でて切る。
② 切ったかぶに塩を振って、しんなりしたら絞る。
③ 玉ねぎ、かぶ、スナップエンドウを(A)で和える。

Point
多めに作っておくと、常備菜としても重宝します。その際は、時間が経つとスナップエンドウの色が悪くなるので、気になる方は、玉ねぎとかぶだけでも良いですね。また、マリネはオリーブオイルで作るのが一般的ですが、食堂ではこだわりの菜種油を使用しています。