生長の家創始者・谷口雅春師の力強い言葉があふれている本書は、生活創造の原理、真の自己を発見する、愛の諸段階に就いて、無限供給を受ける道など、人生の様々な面から真に幸福な人生を築く秘訣が詳細に綴られている。

『新版 生活と人間の再建』  谷口雅春著 日本教文社刊 1,620円+税

『新版 生活と人間の再建』 
谷口雅春著 日本教文社刊 1,620円+税

 第4章の「先(ま)ず確信、次には決意を」の項には、「諸君に於(お)いて可能なることは、諸君自身が先ず『出来る』と確信したことのみである」(87ページ)という一節があります。

 私は、今の職場に勤める前にお弁当販売のアルバイトをしていましたが、仕事が上手くいかず自信を無くし、暗い日々を送っていました。そんなある日、仕事を辞めようと決意して、アルバイト先に電話を入れると、一番苦手だった上司が電話に出てしまいました。それでも自分の決意を伝えると、「安田さん頑張っているのにもったいない! 私、店長に相談してみます」と言われ、「辞めたいなら辞めればいい」と言われるのを想像していで驚きました。

 それまでの厳しい指導は期待の裏返しだったと気づき、アルバイトを続けることにして、小さなことでも出来る自分をイメージし、仕事の前に「ありがとうございます」と唱えるようにすると、上手くいくようになり、徐々に仕事が楽しくなっていきました。

 自分は神の子で、たとえ困難に見えることでも乗り越えられる力がすでにあると確信し、やり遂げている自分を思い浮かべながら、目標に向かって挑戦しようと決意することの大切さを教えてくれたのが本書です。何かを始めたい、自分を変えてみたいという時に、おすすめしたい1冊です。

安田真寿美(やすだ・ますみ)(生長の家光明実践委員)

演劇鑑賞が好きで、仕事帰りに劇場によく立ち寄り、役者の豊かな表現に感動している。生長の家神奈川教区青年会副委員長。