大量生産・大量消費のサイクルから離れて、手作りすることで見えてくる、本当に大切なこと。クラフトの時間には、豊かな生活や、心穏やかに過ごすためのヒントがたくさん。

枝のボールペンとアルファベット・キーホルダー。ボールペンの替え芯は、ペンチを使って取り替え可能。使い終わった枝は森へ。キーホルダーは「自然の恵みフェスタ」に出品。お友達にもプレゼントしている

枝のボールペンとアルファベット・キーホルダー。ボールペンの替え芯は、ペンチを使って取り替え可能。使い終わった枝は森へ。キーホルダーは「自然の恵みフェスタ」に出品。お友達にもプレゼントしている

 息子が通っている保育園は、雨の日も風の日も、雪の日も森へ遊びに行く。息子はよく木の枝を「お土産だよ」と言って持って帰ってくる。息子のお気に入りの枝以外は、冬に薪ストーブをつける時の木っ端に使わせてもらう。

 ある日、木っ端(こっぱ)に適した長さに枝を折っていると、ふと、この枝で何か作りたいなと思い、枝を眺めながらいろいろ考えた。そこで出来上がったのが、小さい頃憧(あこが)れていた“枝のボールペン”と、枝を輪切りにして作ったアルファベット・キーホルダー。

 木から枝が落ち、自然に還る前に少しだけ使わせていただく。森からいただいた枝を丁寧(ていねい)に扱いながら作り上げていく。貴重な資源だから、手にした人もきっと大切に使ってくれる、自然のあたたかさを感じてくれると信じて……。(金内夏子・SNIクラフト倶楽部