siro110_chubo_1“森の中のオフィス”の食堂では、地産地消の観点から、可能な限り地元産の食材を使っている。輸入物が一般的のナッツ類も、国産の物に替える取り組みをしている。例えば、上掲のビーンズストロガノフも、元々、輸入物のカシューナッツを使うレシピだったが、長野県産のやまくるみ(オニグルミ)に替えることで、より環境に配慮した料理になった。

 

食堂のレシピ
大豆と豆乳で作る
ビーンズストロガノフ

siro110_chubo_2
●材料(4人分)
大豆(乾燥)……40g
玉ねぎ(1cm角)……132g
しめじ(1cm)……132g
えのき茸 (1cm)……66.4g
くるみ(粉末状)……80g
ローリエの葉(乾燥)……1枚
きゅうりのピクルス……適宜
ルッコラ……適宜

菜種油(炒め用)……小さじ1
スープストック……200cc
薄口しょうゆ……小さじ2/3
白みそ……大さじ1弱(16g)
塩……小さじ2/3
こしょう……少々
洋風だし……小さじ2/3
練りごま……小さじ2/3
片栗粉……小さじ2強(6.8g)
豆乳……270cc

●作り方
① 大豆は一晩水に浸し、煮ておく。
② 鍋に菜種油を引き、玉ねぎをじっくり炒める。
③ ②にしめじとえのきも加えてさらに炒める。
④ ③にローリエとスープストックを入れて5分ほど煮る。
⑤ ④に①と薄口しょうゆ、白みそ、塩、こしょうを入れてさらに煮る。
⑥ フードプロセッサーで粉末状にしたくるみと洋風だし、練りごま、豆乳を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
⑦ 器にご飯を盛り、⑥をかける。きゅうりのピクルスとルッコラを添える。

Point
牛肉の代わりに大豆、牛乳の代わりに豆乳を用いたビーンズストロガノフ。くるみと練りごまのコクが豊かな料理で、ピクルスを添えることで、さっぱり美味しくいただけます。