siro108_Q_A_1csiro72_Q_A_Q実家で暮らす48歳の一人息子は、数年前に会社を辞めてから無気力になってしまい、一日のほとんどを部屋で過ごすようになりました。部屋は散らかり放題で、たまに私が注意するとひどく怒鳴ります。息子は結婚しておらず、私たち夫婦も年金で生活しておりますので、この先が不安です。(A子・69歳)

 息子さんが無気力になってしまっているとのこと、ご心労をお察し致します。しかし、目の前に現れる問題は必ず解決でき、私たちに何かを教え、魂を向上させてくれるものですから、心配ご無用です。

 私は2年ほど前、ある女性(B子さん)から、50歳になる子息のことで相談を受けました。聞けば、数年前に仕事を辞めて以来、自宅で酒浸りの日々を送っているとのこと。B子さんは息子を「良くしよう」と注意しましたが、息子はB子さんを疎ましく振る舞い、時には怒鳴るなど、状況は改善しなかったそうです。

 B子さんは「息子を良くしたい」と思っていました。しかしその願いの奥には、「今は良くない」という前提があるのです。この世界は「心に描いたものが現れる」という「心の法則」が働いていて、一般に「信念」は「願望」よりも強いと言われます。つまり、心の奥に「良くない息子」という強い思い(信念)があると、表面の心で「良くしたい」(願望)と願っても、「良くない息子」が現れてくるのです。ですから、まず「すでに素晴らしい神の子」であると息子を心から信頼し、認め、褒め、讃嘆することです。

 そうお伝えすると、B子さんは「私の思いが、息子の現在の姿を作っていた」と、深く懺悔の思いを起こされました。すると翌日、いつもなら酒を飲み出す時間になっても、息子は酒に手を付けず、以来、飲酒の習慣は止んだそうです。親の見方が変わることで、息子が変わったのです。

 マイナスの信念を変えるためには、『日時計日記』(生長の家白鳩会総裁・谷口純子監修、生長の家刊)をお勧めします。『日時計日記』とは物事の明るい面、良いことだけを書く日記です。具体的には「神の子である○○さんは、神からすでに最もふさわしい仕事が与えられ、周りの人から愛され、慕われ、生き生きと喜び一杯の日々を送っています」と、あなたが理想とする息子さんの姿を書き続けましょう。必ずや状況は好転していきます。

siro108_Q_A_2

 

*回答者 矢野俊一

生長の家本部講師。鹿児島教区教化部長。独立した4男1女との近況報告のメールを楽しみにする。

 

●あなたの相談をお寄せください
誌上では匿名にしますが、住所、氏名、年齢、生長の家の信仰歴を明記の上、お送り下さい。なお、掲載しない場合でも生長の家講師等からの回答をお送りします。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内 日本教文社「白鳩Q&A係」 FAX:055-213-5022 メール:shirohato@kyobunsha.jp