Q 高校生の時に、いじめられていたせいか、人と接するのが怖くなってしまい、何もやる気が起きません。高校を卒業してから3年経って、なんとかしなければいけないという気持ちが出てきたのですが、「どうせ自分は何もできない」と考えてしまいます。こんな自分をなんとかしたいです。(21歳、女性)

hidokei93_Q_A_1a

小田川 浩三(おだがわ こうぞう)生長の家地方講師 元公立高校教諭。生長の家教職員会会長。青森県出身。趣味は、読書・自転車サイクリング・クラフト製作。

小田川 浩三(おだがわ こうぞう)生長の家地方講師
元公立高校教諭。生長の家教職員会会長。青森県出身。趣味は、読書・自転車サイクリング・クラフト製作。

A 人に与える生き方があなたを変えます

 いじめを受けていたそうですが、さぞつらい思いをされたことでしょう。

 あなたが「何とかしなければいけない」と思っていることは素晴らしいことです。なぜなら、本来あなたは神の子で、無限の可能性があり、すでに善(よ)いものを持っているからです。もともと善いものをもっていなければ、「何とかしたい」とは思わないでしょう。どうぞ、自信を持ってください。

心の向きを変える方法

 じつは、私は高校3年生のときに受験勉強の困難から、ノイローゼになりました。治そう、悩みを解決しようと、問題をつかめばつかむほど、余計に観念が空回りし、ひどくなるのです。

 ところがある時、生長の家の青年会の皆さんが、多くの人に幸せになってもらおうと伝道活動をしているのを見て、とても感動しました。私も一緒に周囲の人を幸福にしてあげたいと願い、青年会活動を一所懸命やりました。気がついてみると、自分の悩みを忘れてしまっていて、それきりノイローゼから解放されたのです。

 つまり、与える生き方をしたとき悩みが消え、救われたのです。自分のことだけに意識が向くと、行き詰まります。

『この星で生きる』(生長の家白鳩会総裁・谷口純子著、生長の家刊行)には次のように説かれています。

「相手に何か良いことをしようと考えると、心に余裕ができ、毎日の生活はずいぶん変わってくる。自分本位(ほんい)の心で『つまらない』と感じていた日々が変化し、生きることが楽しくなる。(中略)その日何か一つ『人のためになる良いことをしよう』と決めるのだ。そして、その『良いこと』を探す」(60~61ページ)

 具体的には、落ちているゴミを拾う、自分から明るく挨拶(あいさつ)をする等を実践してみましょう。心の底から明るい、ほのぼのとした喜びが湧いて来ます。

 また、心を明るく積極的にするために、生長の家では「日時計主義の生き方」を実践しています。これは、毎日の出来事の明るく積極的な側面だけを心に記憶する生き方で、物事の明るい面を書き記(しる)す『日時計日記』(生長の家白鳩会総裁・谷口純子監修、生長の家刊)の活用をおすすめします。

今、始めることで明るい未来が開く

 夜明け前が最も暗いといいます。悩みが深いときには解決が近いのです。そして、問題を乗り越えるときにこそ、魂の大きな成長があります。いまの悩みが解決したときには、あなたは数段成長していることでしょう。

 問題は解決できるからこそ与えられます。すでに解決でき、明るい幸福な人生が開けていることを信じ、まず一歩を踏み出しましょう。考えているだけでなく具体的に実践することです。「今! やる!」ことで未来が開きます。

あなたの悩みにお答えします
人間関係、仕事、恋愛、家族、進学、性格などの悩みをくわしく書いて、手紙、ファクス、Eメールなどでお送り下さい。誌面ではすべて匿名にします。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。住所・氏名・年齢は必ず明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内
『日時計24』編集室「Q&A」係 Eメール:hidokei@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでは、迷惑メールの設定によって、受信が出来ない場合があります)