hidokei94_spiceup

材料(2人分)
鮭一切れ
ごはん適量
みつば適量
白ごま適宜
だし
水1リットル
だし昆布5㎝角
かつお節20グラム
塩ひとつまみ
しょうゆ適量
酒適量

作り方
1.出し昆布は洗わずに、濡れた布巾などで表面の汚れを落とし、3箇所ほどはさみで切り込みを入れ、水に30分ほどつけておく。
2.鮭を焼いて食べやすくほぐし、三つ葉は2㎝程度に切っておく。
3.1を火にかけて、沸騰直前に昆布を取り出し、かつお節を加えて沸騰したら火を弱めて2分ほど煮て、火を止める。
4.3のかつお節が沈んできたら、漉してかつお節を取り除き、酒、塩、しょうゆで味付ける。
5.丼にご飯と鮭を盛り付けてだしを器の淵からそっと注ぎ、風味付けの三つ葉に、ゴマを散らしたらできあがり。

矢野 優(やの ゆう) 生長の家本部講師補 東京都出身。山梨県北杜市の生長の家国際本部に勤務。電車の車窓から甲斐駒ヶ岳、富士山、八ヶ岳などの四季折々の美しさを見るのが楽しみ。趣味は書道など。

矢野 優(やの ゆう)
生長の家本部講師補
東京都出身。山梨県北杜市の生長の家国際本部に勤務。電車の車窓から甲斐駒ヶ岳、富士山、八ヶ岳などの四季折々の美しさを見るのが楽しみ。趣味は書道など。

コラム
最近、駅に近い家に引っ越しました。電車が好きなので、とても嬉しいです。この路線は鹿が線路を横切るため、時々電車が止まります。なんとも穏やかな気持ちになります。
さて今回のレシピは、だし茶漬けです。お正月にいつもより豪華なお料理をいただいたら、ちょっと胃を休めて、お茶漬けを召し上がりませんか?
鮭、たらこ、梅干しなどなど。具はお好みで。香りがよく、ちょっと食べ過ぎたなぁという時や、忙しい朝にぴったりです。