Q いつも不安がつきまとい、仕事では集中力が続かず、ミスが重なりました。病院で診察を受けると、適応障害と診断されました。医者からは、「いまは、まずゆっくり休んでください」と言われ、仕事を半年間休職していますが、家で休んでいても将来のことを考えると不安になってしまいます。どうしたら不安をなくせるのでしょうか?(27歳・男性)

hidokei100_Q_A_1c

井下昌典(いのした まさのり) 生長の家本部講師 生長の家岐阜教区教化部長 これまで以上に自然に親しむ時間を作り、自分の身体を使って出来るだけ自転車での移動手段を心がけている。

井下昌典(いのした まさのり)
生長の家本部講師
生長の家岐阜教区教化部長
これまで以上に自然に親しむ時間を作り、自分の身体を使って出来るだけ自転車での移動手段を心がけている。

A 明るく前向きに感謝することで不安は消えていきます。

 このところの労働環境においては、様々な制度の導入によって雇用形態(けいたい)などが急激に変化しています。それらが原因となって、あなたと同じように心に不安を抱え、「どうして良いか分からない」という状態で、医学的見地から種々の障害と診断されている方がたくさんいるようです。

 しかし生長の家では、「人間は肉体ではなく、肉体の奥にある永遠の生命こそが、人間の本体である」と説(と)きます。そして、その本体のことを、完全で円満な「神の子」と呼びます。「完全で円満」ということは、病気も悩みも本来ないということです。

 さらに私たちは、身(しん)(表情や身体)・口(く)(発声音)・意(い)(心で思うこと)の3つを道具として人生を創(つく)っていく、と生長の家では教えており、この「身・口・意」のことを「コトバ」と言っています。

 つまり、自分の周囲の環境は、自分のコトバによって創り出していけるということです。ですから、この「コトバの力」をプラスの明るい方面に使うのか、マイナスの暗い方面に使うのかが、とても重要になります。そのため、生長の家では、すべてをプラスに、明るい方面で捉(とら)える「日時計主義」の生き方を薦(すす)めています。

 今回のことは、あなたが人生について考えるための休養の機会をいただいたと思い、焦(あせ)らずゆっくり考えていきましょう。

現れている症状ではなく素晴らしい存在を意識する

 また、生長の家では神想観(しんそうかん)(*)を実修します。これは静かな場所で、日常のあらゆる出来事から一旦(いったん)自分を切り離し、目を閉じて心と呼吸を整え、「自分は本来神の子で、素晴らしい存在である」と宣言し、確認する瞑想法です。

 神想観の中では、現在、肉体や精神に現れている症状を意識せず、「本来、完全円満な神の子で、素晴らしい存在である」と強く念じ、自分の周辺に起こる出来事や問題に対しては、明るい面、善(よ)い面を意識する練習をしていきます。神想観の詳しい実修方法は、各地にある生長の家の拠点等で、学ぶことができます。

自然の力とコトバの力で心の向きを変える

 さらに、自然に接する機会を持つこともお薦めします。例えば近くに景色の良い山や川、森などがあれば、そこへ足を運び、仕事や周囲の事はひとまず忘れて、深呼吸し、寝転(ねころ)がるなどして自然を体感してみたり、畑で土いじりをしたりすることも良いでしょう。自然には癒(いや)す働きがあるからです。

 もし、不安な気持ちになったら、「私は神の子、完全円満、これから毎日あらゆる点で一層良くなる、必ず良くなる。ありがとうございます」と心の中で何度も唱(とな)えながら、コトバの力を実践(じっせん)し、いま出来ることを明るく前向きに感謝しながらやってみましょう。きっと不安は消えていきます。

* 生長の家独得の座禅的瞑想法

あなたの悩みにお答えします
人間関係、仕事、恋愛、家族、進学、性格などの悩みをくわしく書いて、手紙、ファクス、Eメールなどでお送り下さい。誌面ではすべて匿名にします。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。住所・氏名・年齢は必ず明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内
『日時計24』編集室「Q&A」係 Eメール:hidokei@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでは、迷惑メールの設定によって、受信が出来ない場合があります)