Q 気を許している友人や家族の前では、普通に話せるのですが、大勢の視線が集まる場所で話をしようとすると、頭がぼーっとしてあがってしまい、話せなくなってしまいます。どうしたら大勢の人前でも話せるようになりますか?(高校1年、男子)

hidokei95_Q&A_1a

村田昌彦(むらたまさひこ)生長の家本部講師補 冬の朝、八ヶ岳南麓にある生長の家の森の中のオフィスまで徒歩での出勤中、雪上に複数の鹿の足跡を見つけ、夜間に森の中を駆けているその姿が浮かび、自然の豊かさを実感している。

村田昌彦(むらたまさひこ)生長の家本部講師補
冬の朝、八ヶ岳南麓にある生長の家の森の中のオフィスまで徒歩での出勤中、雪上に複数の鹿の足跡を見つけ、夜間に森の中を駆けているその姿が浮かび、自然の豊かさを実感している。

A 上手に話している自分の姿を心に描いて、努力をすれば大丈夫です

 あなたが悩まれているのと同じことを、私も中学生や高校生の頃に経験しました。大勢の人がいる前で堂々と自分の意見を発表できれば、どんなに素晴らしいことかと考えたことがあります。

 人前で上手に話すことができないという体験は、誰にでもあることだと思いますが、自分の考えや意見を人前で述べられるようになることは、あなたのこれからの人生にとって、とても意義のあることです。上手くいかなかった体験をバネに、どうすべきかを考えてみたいと思います。

あなたには無限の力があります

 生長の家では、「人間は神の子で、無限力がある」と説いています。あなたが上手に話せるようになりたいと思うのは、すでにあなたの内に、上手に話せる能力があるという証拠なのです。あなたの内なる無限の力を向上させる機会として、これまでの経験を前向きに捉(とら)えて、努力しましょう。

 具体的には、壇上(だんじょう)で何かを発表する場合に、必ず何について発表するかというテーマが決められていると思います。自分は何を人に伝えたいのかをはっきりさせること、そして、一方的に自分の考えを述べるのではなく、聞く人たちが何を求めているのかを考える必要もあります。

 また、人前で話をすることに慣れていない場合には、どの程度の内容を伝えるのに、どのくらい時間が掛(か)かるか分からないことが、不安になるひとつの原因だと思います。

 そのためにも、話をする内容を原稿に書いてボイスレコーダーに自分で読んで録音してみましょう。そうすることによって、話をする時間の中で、何を伝えるべきなのかを客観的に見直すことができます。

 話をする時間に対して話す内容が決まったら、その原稿をすべて丸暗記するのではなく、その原稿の内容を、他人の言葉ではなく自分の言葉で話せるよう、本番までに、話す内容を思い出す練習をして下さい。

 とくに話しはじめの部分と、終わりの結論に当たる部分を思い出せるようにして下さい。途中の部分は完璧に覚えなくても、出だしが上手くゆけば案外すらすらと思い出せます。

学ぶ機会を生かそう

 この世界は、私たちが進歩向上するために神様から与えられた学びの世界です。人前で何かを発表する機会がある場合、失敗を恐れずに学ぶ機会と捉えて、これまでのアドバイスを実行して下さい。初めは上手くいかないかもしれませんが、上手に話している自分の姿を心に描いて、努力を重ねるうちに、上手く話せるようになります。

 自分の能力の開発ができ、あなたがこれからの人生で活躍されることをお祈りします。

あなたの悩みにお答えします
人間関係、仕事、恋愛、家族、進学、性格などの悩みをくわしく書いて、手紙、ファクス、Eメールなどでお送り下さい。誌面ではすべて匿名にします。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。住所・氏名・年齢は必ず明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内
『日時計24』編集室「Q&A」係 Eメール:hidokei@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでは、迷惑メールの設定によって、受信が出来ない場合があります)