hidokei97_spiceup
材料(3〜4人前)

バゲット(*)1個
バター適量
和からし適量
季節の野菜(今回は、トマトやきゅうりを使っております)

<レモンとツナのサラダ>
レタス½個
レモン½個
玉ねぎ¼個
シーチキン1缶
塩コショウ少々

<卵サラダ>
卵2個
マヨネーズ適量
カレーパウダー少々
塩コショウ少々

<じゃがいものガレット>
じゃがいも中2個
粉チーズ適量
食用油大さじ2
塩コショウ少々

作り方
1.玉ねぎは薄くスライスして水にさらしておき、レタスは一口大に手でちぎる。
2.1の水気をよくきってボールに入れ、ツナはオイルをきらずにそのまま入れ、レモンを搾って塩コショウを振って混ぜ合わせる。オイルがそのままドレッシングになります。
3.卵はゆで卵にして適度につぶし、マヨネーズ、塩コショウ、カレーパウダーを加えてまぜる。
4.じゃがいもは皮をむいて細めに千切りにして、すぐに塩コショウ、粉チーズを混ぜ合わせる。
5.4を中火で炒める。すぐに火が通るので、火加減に注意してフライパンに均等に広げ、焦げ目がつくまで焼き固める。
6.バゲットに切れ目を入れ、バターとからしをぬり、それぞれ235をはさんでできあがり。トマトやきゅうりをお好みで。

矢野 優(やの ゆう) 生長の家本部講師補 東京都出身。山梨県北杜市の生長の家国際本部に勤務。電車の車窓から甲斐駒ヶ岳、富士山、八ヶ岳などの四季折々の美しさを見るのが楽しみ。趣味は書道など。

矢野 優(やの ゆう)
生長の家本部講師補
東京都出身。山梨県北杜市の生長の家国際本部に勤務。電車の車窓から甲斐駒ヶ岳、富士山、八ヶ岳などの四季折々の美しさを見るのが楽しみ。趣味は書道など。

コラム
今回のレモンとツナのサラダは、今はもう亡くなられた生長の家の大先輩ご夫妻のお宅でよく頂いた、奥様の十八番レシピ。卵サラダには、『白鳩』誌でレシピを連載なさってたゆみかんさんから教えて頂いた、カレーパウダーの一工夫。ガレットは、母がよく作ってくれた、私の大好きなメニューです。幼い頃から食べてきた家庭の味や、お料理上手な方から教えて頂いたレシピ、時には外食先で気に入った味など、私の作るものは、これまでの出会いや積み重ねの中で培(つちか)われたものです。料理を通して、お世話になった方々への感謝の思いがこみ上げてきます。

* フランスパンの一つ