Q 私は3人兄弟の末っ子で、現在大学生です。両親は離婚しているため、母が家計を一人で支えています。兄弟は一緒に住んでいますが、家にお金を一切入れてくれないため、大学は奨学金(しょうがくきん)で通い、その奨学金の一部を家計にあてています。奨学金は卒業後には返済しなければならないので、出来るだけ使いたくありませんが、母の収入だけでは生活が苦しく、将来が不安です。(大学1年、女性)

hidokei86_Q_A_1b

野沢貴広(のざわ たかひろ) 生長の家本部講師 生長の家長野教区教化部長。最近、カマドで料理することにはまっている。燃料は剪定した木の枝や落ち葉。樹木からのプレゼントに、感謝の思いがわいてくる。

野沢貴広(のざわ たかひろ)
生長の家本部講師
生長の家長野教区教化部長。最近、カマドで料理することにはまっている。燃料は剪定した木の枝や落ち葉。樹木からのプレゼントに、感謝の思いがわいてくる。

A 明るい心で生活すれば、必ず道は開かれます

 生活が苦しい中、大学生でありながら家族のため家計を助けているあなたは、家族思いの素晴らしい方ですね。しかし、「生活が苦しく、将来が不安」とのことなので、まず「富」とは何かを考えてみましょう。

本当の“富”とは

 大抵の人は、「富」とは、お金をたくさんもっていたり、物質が豊かにあることだと考えています。しかし、それは本当の“富”ではない、と生長の家では考えます。「富」の本質は何かといえば、「人のためになる働きをする何か」が多いということです。そして、人のためになる働きをするのは「愛」であり、「愛」を表現すれば、それが「富」に変わると考えるのです。

 また、愛を実践するためには、そこに正しい「知恵」が伴(とも)わなければ本当の意味で愛は生きてきません。出来るだけ多くの人に対して、多くの役に立つ働きをしたときに、それが「富」に変わるのです。つまり人のためになることを考え、それを実行することで、自分自身もまた、豊かになるということです。

 人間は本来すばらしい存在であり、それを生長の家では「神の子」と表現しています。神は“無限の知恵”であり、“無限の愛”であり、“無限の富”の源泉ですから、私たち人間は、幸福に豊かに、そして健康に生活するために必要なあらゆるアイディアを、すでに与えられているのです。

 それを引き出すには、「私の天分にかないます、出来るだけ多くの人を幸福にする善(よ)きアイディアを与えたまえ。善き知恵を与えたまえ。そして、そのアイディアを実現する力を与えたまえ」と、常に祈ることが大切です。

朗(ほが)らかに笑って生活しよう

 さらにこの世の中は、善いことを思えば、善いことがあらわれ、悪いことを思えば、悪いことがあらわれるという「心の法則」でなり立っています。

 あなたは、すでに素晴らしい愛を実践(じっせん)しています。たとえ同じ状況におかれていても、あなたの心の物差しの当て方によって、感じ方が変わってしまうのです。現在の生活への不足、不満の思い、将来に対する不安などで心を暗くしないで、どんな小さなことでもかまいませんから、毎日の生活の中で、明るいこと、楽しいことを見つけ、明るい心で朗らかに笑って生きることをお勧めします。

 特に家計を支えてくださるお母さんに、そして二人のお兄さんにも感謝することを心がけてください。明るい面を見出す生活をしていると、必ず道は開けてきます。

あなたの悩みにお答えします
人間関係、仕事、恋愛、家族、進学、性格などの悩みをくわしく書いて、手紙、ファクス、Eメールなどでお送り下さい。誌面ではすべて匿名にします。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。住所・氏名・年齢は必ず明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内
『日時計24』編集室「Q&A」係 Eメール:hidokei@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでは、迷惑メールの設定によって、受信が出来ない場合があります)