「シリーズ | 森からのエコルポ」の記事一覧

inoti101_eco_top

自然の価値を再発見し、人と自然のつながりを取り戻す

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、富士山の西麓、富士箱根伊豆国立公園内にある「環境省 田貫湖(たぬきこ)ふれあい自然塾」を紹介する。人と自然の触れ合いに重点を置いたさまざまな自然体験プログラムを実施し、自然との共生を目指して、エネルギー資源と二酸化炭素の排出に配慮した自然体験ハウスを拠点に、子供たちは自然の中で豊かな感性を育み、大人は自然の価値を再発見している。

inoti100_eco_top2

多くの昆虫が生息する森の多様性を守り、魅力を伝える

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、山梨県道志村で、解剖学者で、昆虫研究家でもある東京大学名誉教授の養老孟司(ようろうたけし)氏が顧問を務める「一般社団法人 養老の森」を紹介する。施設に都会の人たちを迎え入れ、さまざまな自然体験活動を行っている。村内には多数の昆虫が生息しており、昆虫観察会では、養老氏が自ら説明に立ち、その魅力を伝えている。

inoti99_eco_top

地域の自然を学び人と自然が調和した社会を目指す

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、山梨県富士川町で、各種自然体験プログラムを通して、人と自然が調和した持続可能な社会の実現を目指している一般社団法人の「地域ESD事務所つむぐ」を紹介する。市民参加型調査プロジェクトでは、野生生物の生態と人の生活圏との関係を明らかにし、地域の自然環境への理解を深めている。

inoti97_eco_top

指導者を養成し、人と自然に豊かに触れ合う社会を目指す

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、長野県小諸市で、自然体験活動の人材育成やアウトドア活動の普及を目的とした国内初の専門施設で、指導者向けの研修などに利用されている「安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター」を紹介する。センターの森にあるツリーハウスは、自然体験に興味のなかった人が自然と触れ合うきっかけ作りになっている。2017年からは、絶滅危惧種や希少種を保護するためのビオトープづくりも始めた。

inoti96_eco_top

無農薬・無化学肥料の野菜と米を栽培し、健康食品と食材に使用

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、北杜市小淵沢町で、無農薬・無化学肥料の野菜と米作りを行っている「AOB慧央(けいおう)グループ」を紹介する。この農園で収穫された野菜や米は、自社の健康食品、2017年4月に開店した女神の森「奏樹(そうじゅ)」カフェ&ダイニングの食材として使われている。

inoti95_eco_top

森からのエコルポマップ その②

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。前号で45回目を迎え、これまで、太陽光発電などの再生可能エネルギー、自然農園をはじめ、森作り、持続可能なライフスタイル、循環型の暮らし、自然と調和した家造り、自然体験など、環境保全に配慮し、自然と共に生きるためのさまざまな取り組みについて紹介してきました。そこで、1月号と2月号の2回にわたり、これまでの歩みを振り返ってみたいと思います。

inoti94_eco_top

森からのエコルポマップ その①

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、45回目を迎え、これまで、太陽光発電などの再生可能エネルギー、自然農園をはじめ、森作り、持続可能なライフスタイル、循環型の暮らし、自然と調和した家造り、自然体験など、環境保全に配慮し、自然と共に生きるためのさまざまな取り組みについて紹介してきました。そこで、1月号と2月号の2回にわたり、これまでの歩みを振り返ってみたいと思います。

inoti93_eco_top

田畑を耕さない自然農法で、野菜と米を作る

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、八ヶ岳南麓で、自然農を営む「結(ゆ)いまーる自然農園」を紹介する。同農園は畑を耕さない、肥料を極力持ち込まない、雑草や虫を敵としないを原則に野菜などを育てている。他にも、自然農の勉強会を月に1度開催し、参加者が自然との関係を見つめ直す機会も設けている。

inoti92_eco_top

里山の保全、国蝶オオムラサキの保護、個体数増加に努める

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、北杜市にある「自然とオオムラサキに親しむ会」紹介する。同会は、オオムラサキのいる郷土を未来に繋げるため、10年以上にわたって里山の保全活動を続けてきた。平成23年からは「北杜市オオムラサキセンター」の管理者に指定され、オオムラサキの保護に努めるとともに、来館者に里山の大切さを伝えている。

inoti91_eco_top

自然のリズムに添った循環型生活の心地よさを伝える

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、北杜市白州町の里山で、パーマカルチャーを基礎にした循環型の生活を実践している「ぴたらファーム」を紹介する。無農薬、無化学肥料の農業体験を通し、自然のリズムに寄り添って暮らすことの心地よさを参加者に伝えている。築100年の古民家での滞在体験も行い、循環型の生活を余すところなく体験できる。

inoti90_eco_top

自然体験プログラムを通し、新しい田舎暮らしを提案企画

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、北杜市明野町の農園から、新しい田舎暮らしを発信している「Beyond自然塾」を紹介する。

inoti89_eco_top

様々な自然体験プログラムを通し、地域に根ざした農林業を学ぶ

南アルプスや八ヶ岳連峰など日本を代表する山々に囲まれた山梨県や長野県周辺では、太陽光発電、水力発電など、積極的に環境保全に取り組む環境先進地でもある。今回は、山梨県小菅村の豊かな自然に着目し、さまざまな自然体験プログラムを実施しているNPO法人「多摩源流こすげ」を紹介する。