「連載 | マイギャラリー 絵と人生」の記事一覧

inoti90_mygallery_top

ばらばらの記憶が一つに繋(つな)がった心の光景をカンバスに写した『虹の華』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。

inoti89_mygallery_top

心に見えた色と現象の色をどう表現するかを試みた『虹の中で』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。

inoti88_mygallery_top_c

「私は花であり、花は私である」“至福の今”を描いた『花たちの声』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。

inoti87_mygallery_top

はかなさではなく、いのちの美しさをイメージして描いた『満天の花びら』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。

inoti86_mygallery_top

塗り斑からイメージを膨らませ、感謝の思いを込めた『虹のしずく』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。

inoti85_mygallery_top_f_85

「色彩の中に入ってきて!」と囁きかけてきた『水のすがた』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。

inoti70_mygallery_top

空からの贈り物“ひかりの国”を描いた『まなざし』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。(内容の一部が読めます)

inoti70_mygallery_top

樹と私が共鳴し合う、その“ドキドキ感”を表現した『ひとつの生命』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。(内容の一部が読めます)

inoti70_mygallery_top

常識にとらわれず、素直に描くことで個性が顕れる

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。(内容の一部が読めます)

inoti70_mygallery_top

ただ一つの生命を意識し、 表現した『虹立ち昇る』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。(内容の一部が読めます)

inoti70_mygallery_top

私の心に、楽園を創造してくれた『EDEN』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。(内容の一部が読めます)

inoti70_mygallery_top

成長を実感し、ときめく心で描けた『虹』

川崎善張(かわさき・よしはる)
1枚の絵からは、そこに描かれている形象だけでなく、作者が何を思い、どう考えて生きたのかという、心の軌跡が浮かび上がってくるものです。絵が描かれたいきさつ、それにまつわる作者の人生を紹介していきます。
プロフィール
大分県豊後高田市在住の画家。1957年、大分県生まれ。東京造形大学卒業。白日会会員を経て、現在、生長の家芸術連盟(生芸連)会員。(内容の一部が読めます)