阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

平成27年に制作した善財童子

平成27年に制作した善財童子

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

 もともと不器用で、1週間から10日で覚えると言われる仏像彫刻の基本「花菱地紋(はなびしじもん)」を彫るまでに1カ月以上かかった私だが、3年も経(た)つとさすがに慣れてくる。自分なりに彫刻刀をスムーズに使いこなせるようになって、「これなら何でも彫れそうだ」という感じがしてくる。

 そんな時、思い出したのは、師の次のような言葉だった。

「あんた頑固やなあ。何回同じこと教えたらええんや。もっと善財童子(ぜんざいどうじ)みたいに素直にならなあかんで」inoti97_hotoke_2

 善財童子とは、普賢菩薩(ふげんぼさつ)から仏法(ぶっぽう)を教わることを唯一(ゆいいつ)の楽しみとする子供の僧のことで、仏法の喜びを全身で表現し、飛び跳(は)ねている形が基本と言われている。子供のように素直に受け止めることが、仏法に限らず、すべての物事を行う上で最も大切なことだという意味だと思う。

 観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)と童子顔を彫る時、大事なのは、鼻を中心とした彫り方である。鼻を真ん中にして円を描き、童子の場合は、鼻を中心に、3分の2の円内に両目を納めるように彫る。すると、童子らしい小顔が出来上がる。しかし、顔は平面ではなく、頬(ほほ)や顎(あご)、髪(かみ)の生え際(ぎわ)があるので慎重に彫らないと、外広がりの大人の顔になってしまう。

「小顔(こがお)だから」と安(やす)きに思うと、童子らしい顔はなかなか彫り出せない。観世音菩薩の顔を彫る時の、目・鼻・口の寸法(すんぽう)や位置をきちんと守りながら彫るのとは、異なる難しさがあるのである。

 前述したように、喜びを全身で表し、自由に飛び跳ねているのが善財童子の特徴だから、身につけている衣服も、柔らかく見えるような彫り方をしなければならない。善財童子は動きやすい裳(も)を履(は)いているから、余裕のある輪郭を取り、裳の中に筋肉や骨があることをあらかじめ見据(みす)え、想像しながら、着衣を着せていくというイメージで彫るのである。

 童子は子供の要素を含む仏像だが、素直を象徴する仏だけあって、彫るにあたっても習うところが多い。

 人生のいろいろな場面において、「もっと善財童子みたいに素直にならなあかんで」という言葉を反芻(はんすう)し、噛(か)みしめている。