阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

1986年に制作した「地蔵菩薩」(写真は筆者提供)

1986年に制作した「地蔵菩薩」(写真は筆者提供)

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

 32年前の1986年、地蔵菩薩立像を彫り参らせた時、木目の特徴を無視して仏像の台座を制作し、師からこっぴどく叱(しか)られたことがあった。仏像の手足、仏頭などの部分的な彫像を卒業し、やっと一体の菩薩像を彫り参らせることができるようになり、張り切っていた頃のことである。

 地蔵菩薩本体は割とスムーズに彫れ、その勢いで三段重ねの台座(框座〈かまちざ〉、反り花〈かえりばな〉、蓮台〈れんだい〉)を彫り上げた。ところが、台座を見た師から、こう一喝された。

「この台座、檜木の木目を無視して彫っとるやないか。一体の仏像が彫れるようになったのに、木の特徴も見抜かれへんとはなにごとや。やり直しや!」

 木目が直線的な檜木は、観世音菩薩をはじめ、左右対称のお像の用材として使われ、それを台座に使用する場合は、中心を決める際、木目の直線部分を中心に見立て、それに沿って彫るのが定石だ。しかし私は、1段目から3段目まで、全て木目を無視して制作したため、形は何とか出来ていたものの、個々ばらばらの台座になっていたのだった。

 師はこうも言った。

「台座とはいえ、彫像したからには後世に残るのやで。これでは恥ずかしいやろう。第一、浄土への案内役を引き受けてはる地蔵さんに失礼や!」
inoti103_hotoke_2

 地蔵菩薩は、頭を剃髪(ていはつ)し、墨衣(すみえ)をまとう僧の姿をしている。冥土(めいど)の入り口に立って、亡くなった人々を浄土に案内するのが使命であるため、自らはなかなか浄土へ旅立てない。ゆえに半菩薩、半人間の姿になっているという。

 地蔵盆の時、子供が盆踊りの後でお菓子をもらう風習がある。しかしそれは、地蔵菩薩の浄土への案内役の労をねぎらうため、子供が先にあめ玉一つでもお供えをし、それからそのお下がりを頂くのが、本来のあり方だと言われている。

 その話を聞く度に、子供の頃、私もご多分に漏(も)れず、地蔵菩薩に何のお供えもせずに地蔵盆に参加し、お菓子をもらっていたことへの申し訳ない気持ちや、師から受けたあの厳しい一喝を懐かしく思い出す。