阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

昭和60年に製作された「白衣観音像」(写真は筆者提供)

昭和60年に製作された「白衣観音像」(写真は筆者提供)

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

「おっ、これはゆっくりしとるなぁ」

 これは、仏の中でも女性的であり、慈愛(じあい)が溢(あふ)れ出ているといわれる「白衣観音(びゃくえかんのん)」を彫っている時、師からかけられた言葉である。

 この時、私は思わず「時間がかかりすぎですか?」と聞いた。白衣観音は、あまりにも小仏である上、輪郭(りんかく)が流線的な像であるため、製作に苦労していたがゆえに出た言葉だった。それに対し、師から返った言葉は、「あんたのこととは違うんやで」というものだった。

「ということは、白衣観音全体がゆっくりしている(緩(ゆる)やかになっている)という意味か」と、一瞬考えた。しかし、師は言葉を継いでこう言った。

「足下(あしもと)の衣(ころも)の線が左に反(そ)り上がっているやろう。これは人間が困った時に『神さん、仏さん助けてぇな』って言う時に、この白衣観音が、即(そく)困った人間のところにやってくる、時間の速さを示しているんや。これがゆっくりしとったら、呼んでも肝心(かんじん)な時に間にあわへんで」

 言われてみて分かった気がした。初めて挑(いど)む観音様だったため、衣の部分も恐(おそ)る恐る彫っていたから、当然、要(かなめ)となる反(そ)り方に勢いが生じていなかった。

 白衣観音像は、困る者に解決策を与える知恵の巻物を御手(おて)に持ち、徳高き菩薩(ぼさつ)として、頭がうずたかくなっているのも特徴の一つである。さらに、子供を抱けば子安観音(こやすかんのん)、慈母観音(じぼかんのん)、魚の入った籠(かご)を提(さ)げれば魚籃観音(ぎょらんかんのん)と、三十三身に変じて衆生(しゅじょう)を救う姿を現す。 inoti101_hotoke_2

 そして、他の観世音菩薩と違うのは、蓮華台(れんげだい)ではなく、岩座(いわざ)に立っていることだ。岩は大地を表し、白衣観音は、人間が立っているのと同じ大地におられる。これはつまり、常に仏を信じて呼ぶ者には、即隣に白衣観音が現れることを意味している。

 そうした白衣観音の本来のあり方から離れた、私の衣の彫り方に対する的確な師の言葉を受けて、早速、手直しをした。

 蓮華台に立たず、人間と同じ大地に立ち、他のどんな菩薩よりも、人間の気持ちを、慈しみをもって受け入れてくださる白衣観音。私の心に深く残っている御像(おぞう)である。