阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒やし、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか。その“心の軌跡”を紹介していきたい。

昭和59年に制作した観音仏頭

昭和59年に制作した観音仏頭

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

 私たちが仏像を見る時、最初に目が行くのはその顔である。観音(かんのん)像の場合は、女性的で柔和な表情が特徴なので、その顔と目を合わすと、なんとも言えない安心感を覚える。

 そういう意味で、仏像彫刻において顔の部分を彫ることは、極めて大切なこととされる。仏師が稽古(けいこ)するにあたっては、1年間、仏頭ばかりを彫り続け、それ以外のものを彫ることが許されない時期がある。ことほどさように、仏像の顔は大事なのである。

 当たり前のことだが、仏像は、拝む人に対して、声で語りかけることはない。しかし、声を出さない分、表情や印相(指の形)で語りかけるのである。inoti96_hotoke_2

 観音像の目は切れ長だが、この部分を彫るには難しさがある。ただ丸く眼の部分を彫り出し、切れ長に線を描くように彫ればいいというものではなく、上瞼(うわまぶた)と下瞼の形に分け、かつ上瞼が下瞼に覆(おお)い被(かぶ)さるように彫る。これは、人が観音像を拝む時、蓮台(れんだい)の上に立つ、観音像の目線に合わせられるようにとの配慮から生まれた技法である。

 また、顔を俯(うつむ)き加減に見せるために、頬の部分をかなり彫りこまないといけない。これもなかなか至難(しなん)の技(わざ)で、未(いま)だに顔を彫る際、かなりの緊張を要する。

 その他、耳を彫り出すのも、ただ細長く彫れば良いのではなく、「多くの人々の願いを聞く」という思いで彫らねばならない。私はよく師から「耳の寸法(すんぽう)は合っているが、厚みがない。耳の縁が“うどん”を付けてるみたいや」と注意を受けた。

 耳の形は、古仏を鑑定する際、奈良時代、平安時代、鎌倉時代の作風を区別するために見る、大事な部分なのである。

 そして口。この部分は、あまり彫り込まないように、唇(くちびる)は厚めに彫る。薄く彫ると“薄情”に見え、あまり温かみ、有(あ)り難(がた)さが感じられないからである。

 仏頭を彫る時、仏師の多くは、一日の中の午前中、それも雑念の少ない時間に精神を集中し、取りかかるという。仏頭を彫る時の心構えが、いかに大切か、それがよく分かる話だと思う。