バッテリー・モーターの存在を感じさせないスタイリッシュなE-BIKE (写真は筆者提供)

バッテリー・モーターの存在を感じさせないスタイリッシュなE-BIKE (写真は筆者提供)

岩島啓太(いわしま・けいた) 1979年、東京都生まれ。東京・日野市でロードバイクプロショップを経営する傍ら、日本、世界で開かれるロードバイクレースに参加。自転車専門誌に寄稿し、生長の家のSNI自転車部との関わりも深い。

岩島啓太(いわしま・けいた)
1979年、東京都生まれ。東京・日野市でロードバイクプロショップを経営する傍ら、日本、世界で開かれるロードバイクレースに参加。自転車専門誌に寄稿し、生長の家のSNI自転車部との関わりも深い。

 自転車に乗って数年も経つと、「この楽しさを共有したい」と家族や友人を誘って、サイクリングに出かけたという人も多いと思います。ところが、初心者とは予想以上に体力に差があり、一緒のペースで走れないので楽しくないといった声をよく聞きます。

 参加した初心者の人も同じです。ちょっとした坂でも息が上がり、自転車を押して歩くことになるので、置いていかれて面白くないし、誘ってくれた人を待たせることを申し訳なく思ってしまう。それで、次回の参加を躊躇してしまったりするのです。

 サイクリングは素晴らしいスポーツですが、体力レベルがある程度揃わないと皆が一緒に楽しめないという側面もあります。

 そんな時は、イーバイク(E-BIKE)の出番です。これは、電動アシストスポーツバイクのことですが、これまでの電動アシストのママチャリとはひと味違います。

 まず違うのは、車体の軽さです。軽いスポーツバイクに備えられたアシスト性能は、特に坂道で効果を発揮します。私がトレーニングでヒルクライムをしていた時、イーバイクに乗った人に軽々と追い越されたことがあります。イーバイクだと、それくらいスイスイと坂道を登れるようになります。

 次の違いは乗車姿勢です。イーバイクの場合、24キロのスピードが出るまで、ペダルを漕ぐ力をサポートしてくれます。20キロ以上だと空気抵抗の影響が出てくるので、前傾姿勢がとれる仕様にもなっています。

 今、イーバイクが注目を集めている要因の1つに、スマートさ、格好良さを備えているということがあると思います。これまでは、バッテリーやモーターが大きく重かったため、見た目も悪かったのですが、新型では、車体に違和感なく組み込まれ、よりスポーティーな外観になりました。

 電動自転車となると、スポーツと離れてしまう感じがするかもしれません。しかし、イーバイクには、より多くの人にサイクリングの楽しさを提供できる可能性があります。体力に不安があるという人は、イーバイクから始めてみませんか。