阿弥陀如来(あみだにょらい)、薬師如来(やくしにょらい)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)……。信仰の対象として崇められ、人の心を癒し、魅了してきた仏像。その仏像を彫る人は何を思い、何を伝えんがために仏を彫り出すのか──その“心の軌跡”を紹介していきたい。

約1年半かけ、昭和61年に制作した習作「室生大黒天(むろおだいこくてん)」  右/仏像彫刻の基礎が詰まっていると言われる「花菱地紋」

約1年半かけ、昭和61年に制作した習作「室生大黒天(むろおだいこくてん)」

松村智麿(まつむら・ともまろ) 1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

松村智麿(まつむら・ともまろ)
1963年、大阪府生まれ。大阪府の摂南大学卒業。19歳の時に、京仏師、松久朋琳氏の講演会を聴いたのがきっかけで、仏像彫刻の道へ。以来35年、仏像彫刻に精進し、仏教美術展などに作品を出品してきた。生長の家相愛会兵庫教区連合会事務局長。生長の家地方講師。

 仏像彫刻を始めるにあたって、最初に彫らされるのは、衣装の模様として知られる「花菱地紋」である。

 それは一見、下の写真の通り、菱形の枠内に彫る花模様のレリーフのようで、「これが仏像となんの関係があるのか」と思われるかもしれない。しかし実は、この地紋を彫ることには、仏像彫刻に必要欠くべからざる要素である「どのように、彫刻刀を使って彫ればいいか。浅く、または深く彫るには、どう彫刻刀を加減すべきか」が含まれている。

 3.5センチ×2.5センチ四方の枠の中に、花菱地紋を彫ることで基本を学ぶことができるのである。

 私が19歳の時、仏像彫刻の道に進んだ際も、寸暇(すんか)を惜しまず、繰り返し花菱地紋を彫るよう師から指導され、彫刻刀を手に、師から手取り足取り、地紋彫りを習った。

 最初は、「すぐにできる」と高をくくっていたのだが、やってみると難しい。1枠の4分の1を彫るのさえ至難の技(わざ)で、彫ってはみたものの、割り箸(ばし)を裂(さ)いたみたいにささくれてしまい、花模様どころか、ただ木に穴を開けたようになった。

 ところが、師の手にかかると、さも簡単そうに彫り上げる。しかも、「ちょっと貸してみい」と、自分のではなく、私の彫刻刀を使って。

仏像彫刻の基礎が詰まっていると言われる「花菱地紋」

仏像彫刻の基礎が詰まっていると言われる「花菱地紋」

「これだけ差が出るのは、一体、なぜなのだろう? とにかく彫って彫って、感覚を掴(つか)むしかない」

 当時、美大受験を目指す中、「仏に触れたい」と仏像彫刻の世界に飛び込んだ私は、勉強の後、毎晩夜中に彫り続けた。不器用(ぶきよう)だったのか、普通は1週間から10日で覚えると言われる地紋彫りで、何とか形を彫り出すまでに1カ月以上かかった。

「この調子では先が思いやられる」と思いつつも、何か目に見えない力に後押しされた気がし、花模様が浮かび上がった時、紅松(あかまつ)の木の香りが微(かす)かに漂ってきて、心から安堵(あんど)した。「仏像を彫るとは、こんなかぐわしい木の香りを嗅(か)ぐことでもあるのか」と思ったことを覚えている。

「花菱地紋」彫りの次は、仏像の御仏体(ごぶったい)の一部、両仏足(ぶっそく)、両仏手(ぶっしゅ)、各種仏頭などを彫り、平面の紋様(もんよう)から立体像へと段階を踏んでいく。

 厳しくもあり、何より心が癒(いや)される「仏を彫り出す」、その魅力を伝えていきたいと思う。