後藤光香(ごとうみか) 名古屋市在住。保育士。平成28年3月に36歳で結婚。翌年1月に長女が誕生した。夫の実家、山形県小国町に長女を連れて里帰りした時、出会った人たちから「めんこいな」と笑顔で声をかけられ、家族といるようなひと時を過ごした。

後藤光香(ごとうみか)
名古屋市在住。保育士。平成28年3月に36歳で結婚。念願が叶い、2018年1月に1歳の長女と宇治別格本山の10日間の錬成会に参加。講師から掛けられた温かい言葉が励みとなり、長女は帰ってからも、錬成会で学んだように小さな手で拍手や握手、合掌をするようになった。

 彼からの申し込みをきっかけに、交際がどんどん進んでいくことに気持ちがついていかない私は、このままで大丈夫なんだろうかと悩み、色々な人に相談しました。

「結婚前は良いところしか見えないから、相手のことをしっかり見なさい。結婚したら良いところを見つけなさい」と母。「笑う人、優しい人、威張らない人、真面目な人がいいよ」と祖父。「言葉が何もない時でも居心地がいい?」と生長の家の女性。「“うちのお父さんとお母さん、仲がいいよ”と子どもが言うような夫婦になって!」と職場の先輩。「遠くばかりを見ると足元が見えずつまずく。近くを見すぎると道に迷う。今も先のことも両方大事」と生長の家の男性。

 不安でたまらず、占い師に鑑定してもらったり、おみくじを引いたりしました。気になることは彼に伝えましたが、一人で考える時間がほしかったので、彼とのメールを休ませてもらいました。

 そんなある日、彼から「メールしたくなったから」と、満開のしだれ桜の写メが届きました。壊れかけた彼の携帯のカメラで撮った写真は、もやがかかっていましたが、とても綺麗でした。

「私の大好きな桜……、一緒に見たかったな。こんなふうに悩んでいなかったら、一緒に行けたのに……」

 自分は何てつまらないことで悩んでいたんだと思えてきたら、元気が出てきました。考えても考えても晴れなかった気分が、「この人でいいのだ」と思えた瞬間、すっきりしました。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 彼に生長の家のことは伝えていました。安全運転のために『甘露の法雨』(*1)のお守りを渡したり、ラジオ番組の「幸福への出発」を一緒に聴いたり、練成会(*2)で早朝神想観(*3)を実修してもらったりしました。彼は生長の家を柔軟に受け入れてくれたので安心しました。

 彼が手伝いをしている神社のお祭りの写真を見せてもらうと、その神社は偶然にも私が以前勤めていた保育園のそばの神社でした。私は平日に子どもたちとどんぐり拾いに出かけ、彼は週末の祭りの日にこの神社にいたのです。出会う2年も前から縁があったと知り、幸せな気持ちになりました。

 式場は熱田神宮(あつたじんぐう)に自然と決まり、当日は朝一番の凛(りん)とした空気の中で、式を挙げることができました。主人はご両親からの手紙や、大好きな作家からのメッセージボードのサプライズのおかげで、いつにも増して笑顔がはじけ、幸せな家庭生活の始まりとなる結婚式でした。結婚に到るまでに、多くの方々にお世話になり、今は感謝の気持ちでいっぱいです。ずっと前から大好きだった人のような主人は、両親のように温かくて優しい人です。

*1 生長の家のお経のひとつ
*2 合宿形式で教えを学び、実践するつどい
*3 生長の家独得の座禅的瞑想法