山本 愛 福岡県出身。平成26年8月に29歳で結婚。山梨県在住。平成27年12月に長女が生まれたことで写真に目覚める。夫のカメラで娘の成長と、娘にメロメロの夫の姿を記録することが日々の楽しみ。生長の家青年会員。光明実践委員。

山本 愛
福岡県出身。平成26年8月に29歳で結婚。山梨県在住。平成27年12月に長女が生まれたことで写真に目覚める。夫のカメラで娘の成長と、娘にメロメロの夫の姿を記録することが日々の楽しみ。生長の家青年会員。光明実践委員。

 平成26年1月、私は両親と、ゆには練成道場(*1)の練成会(*2)に参加しました。練成会では真理の言葉が書かれたおみくじがあり、私が引いたおみくじには、こんな言葉が書かれていました。

〈私の夫は世界一素晴らしい夫です〉

「おめでとう! 愛ちゃん、結婚が決まるのよ」と練成会の運営の皆さんに祝福されました。

 その日から、『日時計日記(*3)』に毎日その言葉を書くことにしました。書き続けているうちに、「世界一素晴らしい夫様と結婚する私も、世界一素晴らしい女性でなくては」と思えてきて、「私は世界一素晴らしい旦那様にふさわしい、世界一素晴らしい女性です」と続けて書くようになりました。

 ある時、フェイスブックに投稿された知人の写真にコメントしたのがきっかけとなって、短い童話を書き、フェイスブックと、生長の家のSNSサイトのポスティングジョイ(*4)に投稿したことがありました。何人かがコメントをしてくれ、その中に、「フォーマルハウト」さんというペンネームの人がいました。この童話の投稿で、私に興味を持ってくれたらしいその方は男性で、それからしばしば、私の投稿にコメントしてくれるようになりました。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 ある時、知人のことで少し心を痛める出来事があり、その人のことを思いながら投稿をしたことがありました。すると、その日の夜、「大丈夫ですか?何かできることがあったら言ってくださいね」と彼から温かいメッセージが届きました。思いもかけなかった彼からのメッセージに、私はとてもうれしくなりました。

 その年の3月1日、生長の家総本山(*5)で立教記念日の式典が行われ、家族で参加しました。顕斎殿(けいさいでん)の入口でカメラを手に立っている男性から声をかけられました。

「桃果(ももか)さんですか? お会いできてうれしいです」それがフォーマルハウトさんとの出会いでした。

「桃果」とは、ポスティングジョイでの私のペンネーム。フォーマルハウトさんは、生長の家国際本部“森の中のオフィス”にお勤めで、この時は式典の取材に来ていたのです。

 それからしばらくして、フォーマルハウトさんからメッセージが届きました。所用で福岡へ行くので会ってもらえないかというのです。ポスティングジョイのメンバーとは、これまでも何度か会ったことはありましたので、深く考えずに承諾しました。  (つづく)

*1 福岡県太宰府市にある生長の家の施設
*2 合宿形式で教えを学び、実践するつどい
*3 生長の家白鳩会総裁・谷口純子監修、生長の家刊
*4 平成28年9月30日をもって終了した
*5 長崎県西海市西彼町にある生長の家の施設