大量生産・大量消費のサイクルから離れて、手作りすることで見えてくる、本当に大切なこと。クラフトの時間には、豊かな生活や、心穏やかに過ごすためのヒントがたくさん。

siro97_tukuru

 着物の着付けを習い始めて2年近くになる。着物を着て出かける機会が増えてきたある日、着物にあった髪飾りがほしいと思い立った。私は、趣味で水引(みずひき)細工をよく作る。そこで家にあるもので髪飾りを作ることにした。

 昔、母からもらったUピンが家にはあった。このUピンと、金具部分が壊れてしまったキーホルダーやアクセサリーの一部を使うことにした。自分が使う物だから、これで十分だと思った。

 物を捨てる前に、壊れていない部品が何かに使えるかもしれないと考え、使えるものは捨てずにとっておくことにしている。(だが、私は決して物を捨てられない人間ではない)

 アイディア次第で、まだ使えるものを捨てずに済んだり、眠っていた物たちが形を変えてまた新たに光を浴びることができるかもしれない。そう思うと嬉しくなる。そして何より、限られた物の中で作り上げていくことが楽しいのだ。(金内夏子・SNIクラフト倶楽部