伊敷優希(いしきゆうき) 石垣島在住。2010年10月に27歳で結婚。5歳、2歳の男の子の母。息子の幼稚園のお友達&ママと、公園遊びに日々奮闘。2017年2月から沖縄教区青年会委員長。光明実践委員。

伊敷優希(いしきゆうき)
石垣島在住。2010年10月に27歳で結婚。5歳、2歳の男の子の母。息子の幼稚園のお友達&ママと、公園遊びに日々奮闘。2017年2月から沖縄教区青年会委員長。光明実践委員。

 人が本気で動くには動機が要る。「私をフッた先輩は、その動機を与えてくれたのだから感謝しよう」と気持ちを切り換えて、私は“地に足の着いた婚活”に向けて歩き出した。

 私の家は祖父母の代から生長の家を信仰しており、両親も共に地方講師(*1)で、私も大学時代から光明実践委員(*2)を拝命している。ここからは、生長の家の教えをフル活用した「私なりの婚活」が始まったのである。

 生長の家では、心で認め、想い描いたことが現実に現れるという意味の、「唯心所現(ゆいしんしょげん)」という教えを説いている。つまり「理想を描けば、それが本当に実現する!」ということだ。その言葉通り、「未来の旦那様を想い描いてみよう!」と思った。

 学生時代に、生長の家青年会(*3)の方が、「結婚相手の理想の条件を書いたら、本当にその通りの男性に出会って結婚できた」と言っていたのを思い出し、私も理想の条件を具体的に書き出してみることにした。

 自分が結婚相手に具体的に何を求めているのか、私自身も書き出すまでは曖昧(あいまい)だった気がする。しかし、書き出してみると、自分の求めていることがクリアになり、これならちゃんと出会えそうだという気持ちになった。そして、「これは成功しそう!」と期待感が高まっていった。

 生涯のパートナーといえば、人生を大きく左右する人物だ。遠慮せずに書いていくと、理想の条件は30項目くらいになった。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 私は大きく2つに分けて書いた。

 まず、これは外せないという①「絶対条件」。もう一つは、②「こうだったらもっと良いな」という条件だ。

①「絶対条件」には、主に精神的なことを書いた。基本的で重要な条件だ。

 ・基本的な価値観が同じ人
 ・お互いに高め合え、尊敬できる人
 ・生長の家の信仰を受け入れてくれる人
 ・お互いの家族を大切にし、両家みんなが仲良くできる人
 ・子どもの良い父親になれる人……

②「こうだったらもっと良いな」という条件には、理想の王子様を思い描くような感じで、気負わずわくわくしながら夢見がちに書いていった。

 ・経済的に安定している人
 ・バスケが好きな人
 ・身長175センチ
 ・車はハイブリッドカーを選ぶ人
 ・大人な面と少年のような心を持っている人……

 この条件リストは、ノートなどではなく、携帯電話のメモ機能に書き出していった。その方がいつでも見たり、書き足したりできるので、便利に感じたからだ。(つづく)

*1 教えを居住地で伝えるボランティアの講師
*2 生長の家の青年講師
*3 12歳以上40歳未満の生長の家の青年の組織