国産の原材料を使った、生姜とりんごのフレーバーティーも用意されている

国産の原材料を使った、生姜とりんごのフレーバーティーも用意されている

“森の中のオフィス”の食堂にある喫茶コーナーでは、安全性や環境に配慮して生産された国産紅茶が提供されている。以前はフィリピンで有機栽培されたフェアトレードのコーヒーが飲まれていたが、フードマイレージが低く、環境への負荷がより小さいものに替えるため、国産の紅茶が選ばれたのだ。厨房では環境に配慮した食品選択が進んでいる。

 

食堂のレシピ


秋の味覚をシンプルにいただく
長ネギときのこのローストマリネ

 

siro91_chubo_2

●材料(4人分)
長ネギ……120g
舞茸……100g
ブロッコリー……適量
塩、こしょう……少々


白ワインビネガー……少々
レモン果汁……小さじ2/3
バルサミコ酢……小さじ1弱
粒マスタード……小さじ1と1/2

●作り方
1長ネギは2〜3cmの長さに切る。舞茸は石づきを取り、手で大きめに分ける。
2長ネギ、舞茸に塩、こしょうで味付けしオーブンで焼く。
3Aを合わせてマリネ液を作り、焼き上がった2の長ネギ、舞茸を入れて全体をあえ、味をなじませる。
4器に盛り、茹でたブロッコリーを添える。
※付け合わせには、旬の野菜を添えてください

Point
オーブンで焼いてイタリア風のマリネ液で作るシンプルな一品です。秋から冬の甘味を増した長ネギは、とろけるおいしさです。