中倉富子 長崎市在住。2006年11月に25歳で結婚。小学校4年生、2年生、5歳の3児の母。リハビリの仕事と家事、育児に奮闘中。美味しいものを作るのと食べるのが大好き。生長の家の教区青年会役員は14年目。長崎南部教区光明実践委員。

中倉富子
長崎市在住。2006年11月に25歳で結婚。小学校4年生、2年生、5歳の3児の母。リハビリの仕事と家事、育児に奮闘中。美味しいものを作るのと食べるのが大好き。生長の家の教区青年会役員は14年目。長崎南部教区光明実践委員。

 職場の病院では部署も一緒だったので、平日も彼とずっと一緒でした。職場は諫早(いさはや)市にあり、彼は職場近くのマンションに住み、私は長崎市の自宅から車で通っていました。彼は本格的な一人暮らしをするのはこの時が初めてで、まともに炊事ができず、朝ごはんを食べて来ない、夕食は外食か買って帰る、といった状態でした。その事が気になり、私は実家を朝早く出て、彼の家で朝ごはんを作り、一緒に食べてから出勤するようになりました。

 休みの日には花火を見に行ったり、水族館に行ったりしました。私は元々、色々なところに出かけるのが好きでした。彼は休日に家から出るタイプではありませんでしたが、それでも、私が行きたい所には一緒に出かけてくれ、彼にとっては新たな世界の発見だったようです。

 それでも、日曜日にはよく生長の家青年会(*1)の行事があったので、曖昧(あいまい)な理由をつけてデートを断ることもありました。彼は不審に思っているだろうなと気になっていましたが、私は宗教のことで誤解されたくないという気持ちが強く、生長の家のことに関してはなかなか言い出せないでいました。

 就職した年の9月、私は長崎南部教区青年会の委員長に任命されました。委員長になって初めて主体的に青年会活動を始めましたが、土日はほとんど活動という生活になっていきました。一緒に過ごせないことで、彼は不安に思うだろうなと思いました。そこで、これ以上隠しているのも良くないと思い、思い切って話すことにしました。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 “宗教”という言葉に、彼からは「それって、まともな人がいるの?」と、完全に誤解した答えが返ってきました。説明に困った私は、少し前に生長の家の講師から聞いた話を思い出しました。それは「自分から生長の家を取ったら、今の自分は存在せず、ゼロになる」という内容でした。私は父母が生長の家を通して出会い、生まれてきたので、私から生長の家を取ったら、何もないと思ったのです。

 そこで彼に「私から“生長の家”を取るとゼロになるの。私イコール生長の家だから、その私をアナタが好きということは、アナタは生長の家が好きということよ」と話しました。

 当然、唖然(あぜん)とされましたが、私の熱弁が良かったのか、近くの誌友会(*2)に一緒に参加してくれることになりました。

 青年会の仲間に、誌友会に彼を連れていくと話すと、みんな喜んでくれ、サポートしてくれました。誌友会の後は、みんなでカラオケに行ったり、ゲームセンターに行ったり、ごはんを食べに行ったりしました。そうしているうちに、彼の不信感は少しずつ解消されていったようでした。(つづく)

*1 12歳以上40歳未満の生長の家の青年男女の組織
*2 教えを学ぶつどい