後藤光香(ごとうみか) 名古屋市在住。保育士。平成28年3月に36歳で結婚。翌年1月に長女が誕生した。夫の実家、山形県小国町に長女を連れて里帰りした時、出会った人たちから「めんこいな」と笑顔で声をかけられ、家族といるようなひと時を過ごした。

後藤光香(ごとうみか)
名古屋市在住。保育士。平成28年3月に36歳で結婚。翌年1月に長女が誕生した。夫の実家、山形県小国町に長女を連れて里帰りした時、出会った人たちから「めんこいな」と笑顔で声をかけられ、家族といるようなひと時を過ごした。

 私にとっての“最後の手段”は、結婚相談所に登録することでした。

 初めに入会した熱田神宮会館の結婚相談室は、窓口にあるプロフィールのファイルの中から理想の相手を見つけ、手紙で申し込むというものでした。相談室に何度も足を運びましたが、なかなかご縁はなく、時間ばかりが過ぎていきました。しかし、相談室に行った際に、熱田神宮を参拝したり、良縁成就の祈願をしたり、式を挙げる花嫁さんたちの最高に幸せな雰囲気に間近で触れたりして、「幸せな結婚をしたい!」という思いが強くなりました。

 そんな折、白鳩会(*)の方の娘さんがネットの結婚相談所で出会った方と結婚したと聞いた母は、私にもネットの相談所を勧めてくれました。そこで大手のネット結婚相談所を選びました。

 本入会する前に名古屋駅前にある支店に何度か出向き、出会いの機会を得ていました。そしてある日、いつもと違う担当者と話して、ふと入会してみようと思い、その場で手続きをしました。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 後日、天皇皇后両陛下が名古屋駅にお見えになった時、お出迎えに行き、その足で結婚相談所の支店に寄ると、いつもよりきちんとした服装だったからか、「今日はなんだか素敵ですね。写真撮っていきませんか」と勧められました。「天皇陛下をお出迎えする気持ちが素敵に見える原因かな。今日なら写真も喜んで」と思い、承諾しました。

 その写真がネット上の私のプロフィールに公開されると、早速申し込みがあり、相手を探そうと真剣に結婚を考えている人たちばかりが登録しているのだと感じました。全国で約3万人の方が登録していました。

 理想の相手は、「白いシャツの似合う人」という思いが、いつしか湧(わ)いてきました。住んでいる地域、年齢、最終学歴などの条件で絞り、10人くらいのプロフィールを見ていた時、マウスをクリックしていた手が止まりました。

 その男性は清らかというか、雰囲気が良く、何か光っているものがあり、着ていた白いシャツのデザインから、おしゃれな人なんだろうと思いました。「こんな素敵な人がいるんだ……」と画面の顔写真に見入ってしまいました。

 それまで熱田神宮会館やネットの結婚相談所に申し込んだり、少人数のパーティーに参加したりして、直接会ってみることが大事だと感じてきました。しかし、彼のプロフィールを見れば見るほど、「大勢の女性から申し込まれているんだろうな。私には手の届かない人だ」と思って、申し込みをすることなく、あきらめたのでした。

 それでも、プロフィールを見ながら、星座、干支、九星気学、血液型で見た私との相性が、20点中17点であり、気が合うのかもしれないと嬉しくなりました。(つづく)

* 生長の家の女性の組織