髙橋美月(たかはしみづき) 愛媛県出身、群馬県在住。平成24年5月5日に26歳で入籍。夫と4歳の娘の3人家族。娘も生長の家が大好きで、行事に連れて行くと皆から愛され、ありがたく感じている。平成29年から群馬教区青年会委員長。光明実践委員。

髙橋美月(たかはしみづき)
愛媛県出身、群馬県在住。平成24年5月5日に26歳で入籍。夫と4歳の娘の3人家族。娘も生長の家が大好きで、行事に連れて行くと皆から愛され、ありがたく感じている。平成29年から群馬教区青年会委員長。光明実践委員。

 理想の結婚相手像を書き出して、部屋の壁に貼り、毎日眺めて想像を巡らせるようになった頃、母から「こんな人と結婚してほしい」と条件を出されるようになりました。「できれば、実家の愛媛に近い人で、次男か三男ぐらいがいい」とのことでした。

 母は長男の嫁で、親戚の法事やお葬式にはいつもお手伝いに行っていました。もしも結婚相手が長男なら、のんびり屋の私には嫁は務まらないと思ったのでしょう。それに加え、一人娘の私が高校卒業後、養心女子学園(*1)に進み、その後、京都の生長の家宇治別格本山(*2)に勤めて、実家を離れてしまったことが寂しかったのだと思います。両親に喜ばれる結婚がしたいと思う一方で、母との思いのズレに悩みました。

 そんな中で、自分の結婚について考えるようになり、だんだんと彼に対する見方が変わっていく自分に気づきました。彼は大祭や新年祭など宇治別格本山で大きな行事があると、群馬から必ず来ていました。私はお祭りの準備の段階からワクワクするようになり、お祭りだからワクワクしているのか、「今年も、てっちゃん(彼)に会えるかな」とワクワクしているのか分からなくなっていました。

イラスト/石橋富士子

イラスト/石橋富士子

 行事中も、今まで鬱陶しいと感じていた彼の声が「ああ、てっちゃんの声が聞こえると、お祭りっていう気がするなあ!」と嬉しくなりました。やがて大祭などの行事期間中は、彼の声が聞こえると姿を探したり、食堂や休憩室等で彼の隣にいることが増えました。

 知り合ってから何年も経っていましたが、初めて連絡先の交換をしたのもこの頃でした。彼とは友達期間が長かったおかげで、あまり背伸びしないで、ありのままの自分を見せられる人でした。今までの“好き”とは全然違って、恋愛マンガに出て来るような“胸キュン”は全然なく、多分これまでお互いにカッコ悪いところもいっぱい見せてきたからか、彼の隣がとても居心地がいいと思い始めました。

 平成21年の盂蘭盆供養大祭2日目。盆踊りを見るのが好きな私は、仕事が終わると一人で見に行きました。彼が出場することを知っていたので、待機場所にいる彼を見つけ、「頑張ってね!」と声をかけました。彼の出番が終わった後、しばらく彼の姿が見えなくなって、寂しいと思っていたら、スッと私の隣に来てくれました。

 最後まで二人で盆踊りを見て、夜の公園で二人で話をし、彼が職員寮の前まで送ってくれました。「この雰囲気、友達を通り越して恋人みたいじゃない?」と勘違いしてしまう私がいました。そして、大祭が終わった1週間後、彼に好意を持っていることをメールで伝えました。(つづく)

*1 生長の家の全寮制の専門学校。現在は休校
*2 京都府宇治市にある生長の家の施設。宝蔵神社や練成道場などがある