テーマは「草原の中での休日」。散歩する女の子2人と蝶々を追いかける男の子の楽しい休日をイメージして製作

テーマは「草原の中での休日」。散歩する女の子2人と蝶々を追いかける男の子の楽しい休日をイメージして製作

 10年ほど前から、母と一緒に押し花教室に通っています。材料は、父が実家の庭を手入れして咲かせた花などを素材に、母が押してくれた有難い物も使っています。

 ほとんどの花や葉は、1週間くらい乾燥させると押し花に使えるようになります。着色はしないで“そのままの色合い”を生かしますが、どれも美しくて個性的です。

 押し花の魅力は、「絵ハガキ」 や「しおり」等、どなたでも小さな作品づくりから楽しめることや、自然界には一つとして同じ形や色がないので、同じ種類の花を使っても雰囲気が少しずつ違って、それぞれの良さを生かした作品づくりが楽しめることです。その季節の花・葉・草・枝などを無駄なく使うことで自然を感じながら、教室の見本を参考にし、時には自由な発想でデザインを考えてつくっていると、押し花には、“花のいのちを生かしながらの作品づくり”を楽しむ良さが詰まっていることを感じます。

 これからも、自然の恵みに感謝しながら楽しく作品をつくり続けたいと思っています。(西村典子・SNIクラフト倶楽部)