siro103_chubo_1“森の中のオフィス”の食堂では、地元の有機栽培農家が提案する野菜の中から様々なレタスを仕入れている。玉レタスやサニーレタス、グリーンリーフの他に、肉厚なロメインレタスはスープやお浸しにし、葉先がギザギザのフリルレタスや紫色のトレビスはサラダのアクセントとして使用。地元の農家との密な情報交換により、新しいおいしさが生まれている。

 

食堂のレシピ
きんぴら風の意外なおいしさ
えのきのきんぴらサラダ(豆乳ドレッシング)

 

siro103_chubo_2

●材料(4人分)
えのき茸(半分の長さに切り、ほぐす)……1と1/2袋(140g)
白滝(5センチの長さに切る)……100g
油揚げ(薄切り)……1枚弱(20g)
キュウリ(細切り)……1本(80g)
ごま油……小さじ1(4g)
七味唐辛子……適宜

調味料A
酒……小さじ2弱(8g)
薄口しょうゆ……小さじ1と1/2弱(8g)
みりん……小さじ1と1/2弱(8g)

豆乳ドレッシングの調味料
豆乳……大さじ1と1/3(20g)
米酢……大さじ1弱(12g)
白みそ……小さじ2と1/2(16g)
てんさい糖……小さじ1弱(2.4g)

●作り方
①えのき茸を半分の長さに切ってほぐし、白滝を5センチの長さに切る。油揚げは縦半分に切って薄切りにする。キュウリは細切りにして塩をふり、水気をしぼる。
※切った油揚げは、低めの温度に設定したオーブンで、カリカリに焼いておく。(オーブントースターでも可能)
②フライパンにごま油を熱し、白滝を炒める。えのきを加えてさらに炒める。調味料Aを加え、さらに炒めて汁気をとばす。仕上げに七味を振って、火を止めて冷ます。
③ボウルに、豆乳ドレッシングの調味料を入れて混ぜ合わせる。
④冷めた②とキュウリを混ぜ、③の豆乳ドレッシングを加えて、塩・コショウ(分量外)で味をととのえる。
⑤器に盛り付け、油揚げをちらす。


Point
具材を、きんぴら風に炒める変わったサラダです。カリカリに焼いた油揚げが食感のアクセントになります。