hidokei82_spiceup
材料(2本分)

 フランスパンなどお好きなパン2個
 セロリ、ベビーリーフ、きゅうりなど  適量
 卵  2個

紅白なます
 大根 中1/2本
 にんじん  中1/3本
 塩 小さじ1
 酢  大さじ3
 砂糖大さじ1
 ナンプラー お好みで適宜
 いりごま 適量

ソース
 スイートチリソース
 マヨネーズなど 適量
 パクチー適量

作り方
1.卵はゆで卵にして、食べやすい大きさに切る。
2.大根とにんじんは斜めの薄い輪切りにし、重ねて千切りにする。長さと太さを揃える。
3.2の大根とにんじんにそれぞれ塩を振り、水分が出てしなっとしたら、手で水気を絞り、酢と砂糖を合わせた調味液で漬ける。お好みでナンプラーを加えると、ぐっとアジアンテイストに。
4.セロリやきゅうりは千切りにしておく。
5.パンに1,3,4をはさみ、お好きなソースで味付けしてできあがり。パクチーもお好きな方はぜひ!

中村 優(なかむら ゆう) 生長の家本部講師補 東京都出身。電車の車窓から甲斐駒ヶ岳、富士山、八ヶ岳などの四季折々の美しさを見るのが楽しみ。趣味は書道など。

中村 優(なかむら ゆう)
生長の家本部講師補
東京都出身。電車の車窓から甲斐駒ヶ岳、富士山、八ヶ岳などの四季折々の美しさを見るのが楽しみ。趣味は書道など。

コラム
 2016年は仲間に恵まれて、山梨県と長野県の7つの山に登りました。よく、自然の雄大さを目の当たりにすると、自分の小ささを感じる、というような事を聞きます。
 硫黄岳(いおうだけ)の山頂で寝転んで見た、八ヶ岳の山々のその神々(こうごう)しさは、言葉で言い表せないのですが、この自然と自分が同じ神様の生命(いのち)を分かち合っていると感じ、ちっぽけな自分ではなく「尊い存在」である自分を実感し、自然の中に溶け込んでいくような感覚を味わいました。
 2017年が皆さまにとっても、素晴らしい発見のある年となりますように。