Q 私が16歳の時に母が亡くなりました。それから8年経って父が再婚して新しい母ができ、周りからは良かったねと言われるのですが、私は良かったと思えず、新しい母が家に来て1年経ちますが、話が合いません。父から再婚の話を聞いたときは了承したのに、いまさら父に、別れて欲しいとも言えず、私はどうすればいいのでしょうか?(25歳、女性)

hidokei84_Q_A_1b

山岡聡子(やまおか さとこ) 生長の家本部講師補 生長の家国際本部勤務。趣味はランニング。『白鳩』誌の目次に、「エコいけばな」を連載中。

山岡聡子(やまおか さとこ)
生長の家本部講師補
生長の家国際本部勤務。趣味はランニング。『白鳩』誌の目次に、「エコいけばな」を連載中。

A あなたの心が変われば仲のよい母娘になれます

 16歳でお母様を亡くされ、さぞ辛(つら)く寂しい思いをされたことと思います。きっとあなたの中には、新しいお母様を、自分の母親として認めたくない気持ちがあるのでしょうね。

 でも、生長の家で継母のことを「ままはは」と言わず「つぎはは」と言います。たとえ肉体的な繋(つな)がりはなくとも、霊的に見れば、「母親」としての理念を受(う)け継(つ)いだ「本当の母親」だと言えるのです。ですから、亡くなられたお母様も、再婚されたお父様やあなたが幸せになることを、切に願っているに違いありません。

「本当の母」の想いを感じよう

 霊界のお母様のそうした思いを感じられるようになるためにも、心を込めて先祖供養をされることをお勧めします。きっと亡くなられたお母様のいのちは永遠に生き通しており、霊界からご家族の幸せを祈っておられる姿が、実感できるようになります。それに伴(ともな)って継母様へのわだかまりが消えて行き、本当の母親であるということが少しずつ感じられてくるでしょう。

 私の知人にも10代でお母様を亡くされ、その後、来られた継母様と、実の母と娘のように仲の良い関係を築いている方がいます。逆に本当の母と娘であっても、良い関係が築けずにいる方もいますから、話が合わないのは、生みの親であるとかないとかは関係なく、あなたの心ひとつなのです。

コトバの力で仲の良い関係を引き出そう

 生長の家では「人間は神の子で、その本当のすがたは完全円満である」と説き、その素晴らしさを現象(げんしょう)界に現(あらわ)す生き方を教えています。

 継母様もあなたも、すでに完全円満であり、仲の良い母娘(おやこ)なのです。その素晴らしさを、「コトバ」の力を駆使(くし)して引き出していきましょう。

 コトバとは、文字に表すことができる言葉だけではなく、行いや発生音、心の中の思いも含まれます。継母様との関係に悩んでいた女性が、10分間、お母様のニコニコ笑顔を思い浮かべ、「お母さん、大好き大好き」と強く祈ったら、それ以来仲良くなったという話があります。「コトバの創化力(そうかりょく)」は偉大なのです。

 よいコトバの力を駆使して、幸福な人生を歩まれることを、心よりお祈りしております。

あなたの悩みにお答えします
人間関係、仕事、恋愛、家族、進学、性格などの悩みをくわしく書いて、手紙、ファクス、Eメールなどでお送り下さい。誌面ではすべて匿名にします。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。住所・氏名・年齢は必ず明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内
『日時計24』編集室「Q&A」係 Eメール:hidokei@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでは、迷惑メールの設定によって、受信が出来ない場合があります)