Q 35歳の夫が転職したいと言い出しました。今の仕事がきつい、つらいと悩んでいたのは知っていたので、応援してあげたい気持ちもありますが、転職先の給与を聞いてがく然としました。とても低すぎて、話にならないのです。一人の子どもはまだ2歳で手がかかるため、私は働けません。今の職場で我慢してほしいと思う私は、わがままなのでしょうか。(G・H、32歳、女性)

inoti131_Q_A_1b

回答者:桒原史恵(くわはら・ふみえ) (生長の家地方講師)

回答者:桒原史恵(くわはら・ふみえ)
(生長の家地方講師)

A ご主人を信じ、応援しましょうきっといい道が開けます

 小さなお子さんがいるにもかかわらず、ご主人が転職を希望されているとのこと、先行き不安な気持ちをお察しします。

 私の経験を話させていただきますと、私の夫も結婚前に転職を考えていました。その話を聞いたときは、「この人と結婚して大丈夫かしら?」と、一瞬、心に不安がよぎったこともありました。

 しかし、生長の家の信徒である私は、「すべて善くなるしかない」という教えを学んでいましたし、彼のことを信頼していたので、「必ず善くなる。必ず彼に必要な仕事が与えられる」と祈りました。また、「環境や運命は自分の心によって創られる」とも教えられていたので、マイナスなことを言わず思わず、明るく前向きな気持ちで過ごし、彼を励まし続けました。

 するとそれから7年経った今、私たちは無事結婚できたばかりでなく、彼は転職した先で部長となり、3人の子どもにも恵まれました。私も子育てをしながらフルタイムで働いていて、喜びを感じながら生きています。

 安定を望むあなたの気持ちはよく分かりますが、ここは一つ、目先の安定よりもご主人の気持ちを尊重し、転職を応援してあげていただきたいと思います。つらくきつい仕事をいつまでも続けていたのでは、肉体的にも精神的にもよくありません。

 あなたの愛するご主人を信じ、「必ずうまくいくから大丈夫」と励ましてあげてください。ご主人にとっては、あなたのそうした言葉が大きな力になるはずです。あなたにとっても、「きつい、つらい」と嘆くご主人の姿を見るより、たとえ給与は下がっても、元気で働くご主人を見ている方がいいに違いありません。

 それにお子さんがもう少し大きくなれば、私のように働くこともできますから、夫婦2人が力を合わせて働くことで、必ず一番よい道が開けます。ご一家のますますの幸せを心からお祈りしています。

相談をお寄せ下さい
生長の家の教えで問題解決を希望される方の相談文をお待ちしています。誌上では匿名にしますが、住所・氏名・年齢・信仰歴を明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内 日本教文社
『いのちの環』編集室「Q&A」係 FAX●055-213-5022 Eメール●inochinowa@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでのご相談はご遠慮下さい)