写真2

写真2

坂崎和佳 さかざき わか/昭和51年生まれ。美容師歴25年。熊本県球磨郡錦町在住。「ヘアサロンDeaR」を営む傍ら、カメラライフを楽しんでいる。思うように撮れないことも多く、試行錯誤しながら日々奮闘中。生長の家白鳩会員。本誌No.114(2019年9月号)「美のステージ」に登場。

坂崎和佳
さかざき わか/昭和51年生まれ。美容師歴25年。熊本県球磨郡錦町在住。「ヘアサロンDeaR」を営む傍ら、カメラライフを楽しんでいる。思うように撮れないことも多く、試行錯誤しながら日々奮闘中。生長の家白鳩会員。本誌No.114(2019年9月号)「美のステージ」に登場。

 今回は、大分県宇佐市にある宇佐神宮を紹介します。

 神社は、全国に8万8千社以上あると言われていますが、その中でもっとも多く、半数以上を占めるのが八幡神社、八幡宮です。宇佐神宮はその総本宮で、八幡大神(応神天皇)・比売大神(ひめおおかみ)・神功(じんぐう)皇后を祭神にお祀りし、神亀2年(725年)に創建されました。

 私がこれまでに訪れた神社の中で、一番広く、社(やしろ)の朱色が綺麗で素敵な神社でした。本殿以外にも、西大門(さいだいもん)、呉橋(くれはし)などの立ち寄る場所がたくさんあり、ゆっくり時間をかけて参拝したい神社です。ベビーカーで来る人や身体の不自由な方でもお参りできるように、モノレールが設置してあるので、安心して行けます。

 私が参拝したのは、2018年の9月のことで、まだ暑い時期でしたが、木々が多く、緑に囲まれた中を歩くと、清々しい気持ちになりました。本殿は、全体を捉えるのが難しいほど、壮大な建物でした(写真1)。

 最近の私の必須アイテムになっている水晶玉を息子に持ってもらい、5メートルほど離れて、水晶玉に望遠レンズのピントを合わせて撮りました(写真2)。水晶玉ごしに風景を撮影すると、水晶玉が魚眼レンズのように作用して、世界が逆さまになって写ります。

写真1

写真1

 息子に水晶玉を持たせていると、海外からの観光客が興味津々の様子で寄ってきて、「私にも撮らせてください」と次々に写真を撮り出し、息子はしばらく動けずにいました。そばにいた私も押しのけられるほどの勢いでした(笑)。

 皆さんも、風景に限らず、水晶玉を使って写真を撮ってみてください。きっと新鮮な感動が味わえます(※)。水晶玉を使った写真は、今後もたびたび登場しますので、楽しんでいただければと思います。

 宇佐神宮の厳かな雰囲気に触れ、神を敬う日本人の心を大切にしたいと改めて思いました。(次回は、熊本県阿蘇のパワースポット、押戸石の丘を紹介します。)

※水晶玉は、太陽の光が当たると熱を帯び、火傷する恐れがあります。充分注意してください。