大量生産・大量消費のサイクルから離れて、手作りすることで見えてくる、本当に大切なこと。クラフトの時間には、豊かな生活や、心穏やかに過ごすためのヒントがたくさん。

左:大好きなデニムの生地で、使い勝手もいい。いつまでも使えるような一品に仕上がった/右上:裏地は、デザインが気に入り、7年ほど着ていたカジュアルシャツ。襟元がボロボロになっていたが、何かに使いたいと思い、取ってあった。カバーを開くたびに見ることができ、嬉しいという/右下:『日時計日記』の上下巻2冊が、一緒に入れられるように設計した。持ち歩くには少し重くなったが、『日時計日記』にはスケジュール欄もあるので、2冊セットでカバーに入れて、活用している

左:大好きなデニムの生地で、使い勝手もいい。いつまでも使えるような一品に仕上がった/右上:裏地は、デザインが気に入り、7年ほど着ていたカジュアルシャツ。襟元がボロボロになっていたが、何かに使いたいと思い、取ってあった。カバーを開くたびに見ることができ、嬉しいという/右下:『日時計日記』の上下巻2冊が、一緒に入れられるように設計した。持ち歩くには少し重くなったが、『日時計日記』にはスケジュール欄もあるので、2冊セットでカバーに入れて、活用している

 皆さんは市販のものに満足していますか? 「デザインは良いけど、使い勝手が」とか、「使い勝手は良いけど、大きさやデザインが」なんていう経験、ありませんか? そんな時は、自分でつくってみることをオススメします。

 私は『日時計日記』(生長の家白鳩会総裁・谷口純子監修、生長の家刊)のカバーを作りました。市販品は1,000円くらいで買えますが、デザインも機能も気に入ったものがなかったのです。家にあった厚紙を芯にして、昔買ったデニムの端切れをかぶせて縫い、違う色のデニムでポケットをつくって、ペンや付箋などを入れられるようにしました。内側には、お気に入りだったシャツの生地を使っています。材料費はゼロ円だけど、すごく気に入ったものができました!

 縫い目は上手とは言えませんが、ひと針ひと針丁寧に縫っています。気に入っていたシャツがちらっと見えるところも工夫しました。今回、設計図から真剣に考えてつくってみて、今まで味わったことのない感動を覚えました。出来上がったカバーだけでなく、製作を通して味わったこの気持ちも、私の大切な宝物になりました。(高橋竜矢・SNIクラフト倶楽部