siro109_Q_A_1c

siro72_Q_A_Q

64歳の父が肺炎で亡くなり、半年が経ちました。父とは特別仲が悪かったわけではありませんが、まだ元気でいてくれるものと思い、両親のことは二の次でした。今になってそれが悔やまれます。父に対して何もしてあげられなかったという思いが強く、苦しいです。心の持ち方を教えてください。(A子・40歳)

 お父様を亡くされ、心痛をお察しいたします。恩に報いることができなかった後悔で苦しまれている、あなたは心優しい方ですね。「孝行のしたい時分に親はなし」と言われるように、昔から同じように後悔する人がいたから、この諺があるのではないでしょうか。

 私も一昨年、母を亡くし、生長の家で肉体が滅んでも生命は永遠生き通しと学んでいましたが、悲しさと寂しさで涙が止まりませんでした。そんな時、谷口純子・生長の家白鳩会(*1)総裁の文章に救われました。

「亡くなった肉親や親しい人との間には、楽しい思い出や、お世話になったことなど色々あるだろう。その思いを胸いっぱいにして、『ありがとうございました』と繰り返し心の中で言い続ける。(中略)そうすると、悲しみや寂しさの思いはいつの間にか薄まり、亡くなった人がそばにいて、いつも見守り、支えてくれているという確信に変わっていく。さらに、『どうか次の境涯で、素晴らしい魂の進化を遂げてください』と、亡くなった人を祝福、讃嘆するのがいい。このような気持になることで、未来がどんなに厳しく感じられても、それに立ち向かう勇気も湧いてくる」(『この星で生きる』28〜29ページ、生長の家刊

 悲しみや苦しみを、感謝の気持ちに変えてみませんか。簡単ではありませんが、親の深い愛情を思い出していると、感謝の思いが深まってきます。そして、毎日、故人への感謝の思いを感じていると、悲しみや苦しみは和らいでいきます。

 また、故人を報恩感謝の気持ちで供養しましょう。供養の方法は、故人が信仰されていた宗旨宗派のやり方でも、生長の家の霊牌(*2)供養でもかまいません。詳しくはお近くの生長の家の教化部(*3)にお問い合わせください。あなたが明るい気持ちで生活していれば、きっとお父様も霊界で喜んでくれることでしょう。

*1 生長の家の女性の組織
*2 先祖及び物故した親族・縁族の俗名を浄書し、御霊を祀る短冊状の用紙
*3 生長の家の布教・伝道の拠点

siro109_Q_A_2

 

*回答者 野沢貴広

生長の家長野教区教化部長、本部講師。2年前から、週に1、2度、竈(かまど)でお湯を沸かしている。

 

●あなたの相談をお寄せください
誌上では匿名にしますが、住所、氏名、年齢、生長の家の信仰歴を明記の上、お送り下さい。なお、掲載しない場合でも生長の家講師等からの回答をお送りします。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内 日本教文社「白鳩Q&A係」 FAX:055-213-5022 メール:shirohato@kyobunsha.jp