大量生産・大量消費のサイクルから離れて、手作りすることで見えてくる、本当に大切なこと。クラフトの時間には、豊かな生活や、心穏やかに過ごすためのヒントがたくさん。

左:古着のシャツに細長く切れ込みを入れ、一本の編み糸にしていく。無心になる癒やしのひととき/右:Tシャツヤーン(左上)と作品のミニポシェット。色違いで作り、その日の気分に合わせて選んでも楽しい

左:古着のシャツに細長く切れ込みを入れ、一本の編み糸にしていく。無心になる癒やしのひととき/右:Tシャツヤーン(左上)と作品のミニポシェット。色違いで作り、その日の気分に合わせて選んでも楽しい

 道具や衣服を長く大切に使う両親に育てられたことで、専業主婦の時は手づくりやリメイクを当たり前に楽しんでいた。4人の子どもを育てながらフルタイムで働き始めてからは、仕事の責任が重くなるにつれて早出や残業が増え、出来る限り手づくりにこだわりつつも、楽しさを忘れかけていた。

 そんな時、「Tシャツヤーン」のことを知った。これは、古着やTシャツ工場で出た端布を裁断して作った、とてもエコな編み糸だ。しかも、古くなったTシャツなどから、自分で作ることも出来るのも嬉しい。

 家族の着古したTシャツが沢山あったので、新しく生命を与える絶好の機会になった。仕事で遅く帰っても、色やデザインを考えてTシャツを選び、少しの時間でもよく切れるハサミでザクザク切って、編み糸を作る。買ってきたTシャツヤーンも使って、思い描いた通りにバッグなどを編み上げると、仕事で疲れた頭もスッキリして、楽しみながら元気になっている自分を発見した。(酒井幸江・SNIクラフト倶楽部)