大量生産・大量消費のサイクルから離れて、手作りすることで見えてくる、本当に大切なこと。クラフトの時間には、豊かな生活や、心穏やかに過ごすためのヒントがたくさん。

左:インターネットで調べて作った紙飛行機。2メートルほどのだ円を描いて、手元に戻ってくる。回っていく方向側の主翼の後端を、反対側より2倍に折っている/右上:後端を三角の形に折り/右下:折ったところを、写真のように広げることで、クルッと帰ってくるようになる

左:インターネットで調べて作った紙飛行機。2メートルほどのだ円を描いて、手元に戻ってくる。回っていく方向側の主翼の後端を、反対側より2倍に折っている/右上:後端を三角の形に折り/右下:折ったところを、写真のように広げることで、クルッと帰ってくるようになる

 前回は段ボールの凧(たこ)をご紹介しましたが、外出自粛が続く中、今度は大人も楽しめるものをつくろうと思いました。

「在宅勤務中は適度に休憩を取ることが、効率よく働くコツ」と紹介している記事を読んだので、家の中で気分転換になる“遊び“はないかと考えたところ、小さい頃よく遊んだ紙飛行機を思い出し、インターネットで調べてみました。

 興味を惹かれたのは、手元に帰ってくる紙飛行機です。何10メートルも飛んで戻ってくるものや、数メートルで帰ってくるものもあります。また、形も様々でした。私が動画サイトで見つけたものは、先端が尖っていましたが、家の中では危ないので、先端は折り返し、さらに小さい円で飛ぶように手を加えてみました。

 材料は、折り紙でなくても、コピー用紙などの再利用で充分です。飛ばすとその場に帰ってくるゆったり感がなんとも心地良く、数回飛ばすといい気分転換になります。動画サイトにはいろいろな作り方が出ています。とても簡単なので、つくってみませんか。(尾身和洋・SNIクラフト倶楽部