siro116_Q_A_1b

siro72_Q_A_Q先日、上司の退職に伴い昇進することになりました。それが、同僚の女性の嫉妬をかっていたようです。彼女は普段通りにしていたので気がつかなかったのですが、裏では部署内だけでなく、他部署の人にも、私へのひどい悪口を広められていたと知りました。今は周囲の目が怖くてたまりません。(A子・38歳)

 ご昇進おめでとうございます。あなたの仕事に対する日頃の姿勢が、評価されたのですから、どうぞご自身を褒めてさしあげて下さい。また、すぐには信じられないかもしれませんが、悪口を広めているという同僚の女性も、本心では、あなたの昇進を喜んでいますから、安心してください。

 人間関係は、一度こじれてしまうと元に戻すことは難しいと思われるかもしれません。しかし、そのような時には、相手の美点を見つけて讃嘆するために、『日時計日記』(生長の家白鳩会総裁・谷口純子監修、生長の家刊)をつけることをお薦めします。

 この日記は、日時計が太陽の輝く時刻のみを記録するように、その日の嬉しかったこと、感動したことなど、明るい面だけを記す日記です。悪口を言っている彼女の良い所も認めて、書き留めてみましょう。どんな人でも美点を探すつもりになれば、必ず見つかるはずです。その人のちょっとした親切な行いとか、得意なことなど……ささやかなことでいいのです。

 彼女に対してだけでなく、周りの仲間の良いところを見つけようと気を配っていると、色々なことがわかってくるものです。

 例えば、私は職場で掃除をした時に、こんなことがありました。私が決して雑巾で拭くことのない所を、丁寧に掃除している人がいることに気づいたのです。

 その光景を見て、「私が拭かない所を別の人が拭いてくれるから、この部屋はきれいになるんだ」と感動しました。それ以来、その方に対する印象が変わり、仕事の進め方にも良い影響を与えることになりました。

 あなたは昇進され、今まで以上に責任が重くなりますが、一方で、共に働く仲間が増えるということは、そうした感動が大きくなることでもあります。

 同僚や周囲の美点を認め、信頼を寄せることができるようになれば、あなたは上司だけでなく、部下にも信頼されるようになるに違いありません。明るく楽しく毎日を過ごされますようお祈り致します。

siro116_Q_A_2


*回答者 小林光子

生長の家本部講師。生長の家国際本部勤務。趣味は庭いじり。